このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の観光・イベントの中の81 宇奈具志神社
本文はここから

81 宇奈具志神社

2015年06月13日

概要・良寛とのゆかり

 良寛が子どもたちとかくれんぼをしたり、盛夏に涼を求め足を運んだ神社。
境内参道左側に良寛の「出田の宮」詩歌碑がある。
 古くから産土神として信仰されてきた。当初は今よりも南に位置しており、出田神社と称していたが宝治2年(1248)に現在地に遷座した。
その後天和元年に火災により焼失。翌年再建、文政10年に改築、明治3年には社号を宇奈具志神社に改称している。
 毎年8月16日には「六夜祭 弓踊り行列」が開催される。このお祭りは宇奈具志神社に古くから伝わるお祭りで、
赤い装束に弓矢を手にした子供たちが、弓踊りを奉納することで知られる。秋季大祭の前夜祭で、夜御神輿の巡行がある。
お獅子の悪魔祓い、露祓い、奴、馬乗り、はな籠、太刀持、鉄砲持、剣持、馬廉、弓持、楽人、道祖神、神官、神輿、氏子総代など。
主役は弓踊りで、長岡市の「無形文化財」に指定されている。

【全景写真】

詩歌碑・像

良寛「出田の宮」詩歌碑:平成12年3月建碑、選化170年村と良寛会、筆者良寛
 この詩は亡くなられる前の年につくられたもの。良寛さまは涼を求める場所として出田の宮を好んだらしく、
この詩からもその気持ちがうかがわれる。