このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の観光・イベントの中の46 原田鵲斎旧宅跡
本文はここから

46 原田鵲斎旧宅跡

2015年06月13日

概要・良寛とのゆかり

 原田鵲斎、正貞親子とも医を業としながら詩文の才があり、良寛と親交があった。現在は家はなく、良寛歌碑があるのみ。
 原田鵲斎は良寛と大森子陽塾で同門である。江戸で医学を修める。医業のかたわら漢詩、和歌、俳諧をたしなむ。良寛との唱和作品も多かった。
またよく酒を酌み交わした仲でもあった。
 良寛の少年時代からの友人鵲斎がはじめ、ここ真木山の地で分家して医業を始めたが、間もなく現在の中島原田家の地に移った。
晩年は加茂に隠居した。
""
  中島の原田家宅

【全景写真】
原田家旧宅跡にある良寛歌碑の写真

詩歌碑・像

良寛歌碑(こぞのはる):平成元年(1989)建立。