このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の観光・イベントの中の40 乙子神社草庵
本文はここから

40 乙子神社草庵

2015年06月13日

概要・良寛とのゆかり

 乙子神社は弥彦神社の末社にあたる。
 文化13年(1816)良寛59歳の時、五合庵からその下にある乙子神社草庵に移り住んだ。
 文政9年(1826)に木村家の庵室に移るまで、10年間居住したのがこの草庵である。
この草庵における10年間がもっとも良寛の芸術が円熟した時期にあたり、多くの遺墨を残している。
 この草庵は昭和62年に再建され今に至っている。境内に最古の良寛の詩歌碑がある。
""
     乙子神社草庵の内部             再建前の乙子神社草庵

【全景写真】
乙子神社草庵の全景写真

詩歌碑・像

良寛詩歌碑:安政5年(1858)良寛が亡くなって27年後、阿部定緝、小川霞山が中心となって建立。