このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の観光・イベントの中の20 代官所跡
本文はここから

20 代官所跡

2015年06月13日

概要・良寛とのゆかり

 江戸時代天領となった出雲崎には代官所が置かれた。何回か移転したが、ここが最後の代官所であった。
 出雲崎は元和2年(1616)徳川幕府の天領となり、良寛の生家橘屋に近く、町の中央に位置する上杉氏時代の陣屋の場所(秋田屋敷)が、
越後で最初の天領代官所となった。
 寛永2年(1624)次の松下勘左衛門代官が来任した時、それまで出雲崎町の秋田屋敷にあった代官所が、京屋与右衛門家があった尼瀬町の稲荷町に移転。
 享保9年(1724)、地滑りで被害を受け、代官所は出雲崎の羽黒町に移転。
 宝暦13年(1763)、40年間出雲崎にあった代官所は、再び尼瀬の稲荷町へと移転。
 良寛の弟・由之は代官所を出雲崎に復帰する運動を起こすが、果たすことはできなかった。
 文化5年(1808)、地滑りで、同じ尼瀬町内の現在の場所に移転。
【全景写真】
代官所跡の全景写真

詩歌碑・像

代官所跡碑:昭和43年、出雲崎老人クラブ尼瀬喜楽会幸福会の発議と募金で建碑
代官所跡碑