このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の観光・イベントの中の19 道の駅越後出雲崎天領の里
本文はここから

19 道の駅越後出雲崎天領の里

2015年06月13日

概要・良寛とのゆかり

 江戸時代天領だった出雲崎を再現した時代館や石油記念館、レストラン、物産館がある道の駅。
 夕凪の橋(海上橋)は若いカップルの語らいの場所となっている。
 海を眺める栄蔵(少年時代の良寛)の像がある。

  時代館・石油記念館の入館料:大人500円、小中学生400円(団体割引あり)
  営業時間:時代館・石油記念館 9時~17時
       物産館 9時~17時(冬期間時間変更あり)
       レストラン 11時~17時(夏期時間延長あり)
  休館日:第1水曜日(5月、8月無休)及び年末年始

【全景写真】
道の駅越後出雲崎天領の里の全景写真

詩歌碑・像

少年時代の良寛(栄蔵)像
少年時代の良寛像

〔逸話〕
 子供の頃の栄蔵は人を上目使いで見る癖があった。ある時、父親に「上目使いで親をにらむような者は鰈になるぞ」と叱られて、
栄蔵は家を飛び出した。
 日が暮れても帰ってこない栄蔵を心配して家の者が探しに行くと、海岸の岩場にしゃがみこんでいるのを見つけた。
「何をしているんだ」と尋ねると「まだ鰈になっていませんか」と言ったそうである。
 感受性の豊かな少年であった。
 その逸話をモチーフにした像である。