このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の観光・イベントの中の12 木戸跡
本文はここから

12 木戸跡

2015年06月13日

概要・良寛とのゆかり

 江戸時代に出雲崎町と尼瀬町との境界として木戸があった場所。道路の色違いが境界を表す。
 出雲崎は江戸時代に天領となり、元和2年(1616)に越後で最初の代官所が置かれた。
そして、この町を出雲崎と尼瀬という2つの町に分けて、それぞれに名主(橘屋、京屋)を置いた。
 また、南の方尼瀬側の岩船町と北の方出雲崎側の住吉町との間に大木戸が設けられた。

【全景写真】
木戸跡の全景写真