このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の観光・イベントの中の【長岡】越後長岡百景の「26 シンボルロード(長岡)」を紹介します
本文はここから

【長岡】越後長岡百景の「26 シンボルロード(長岡)」を紹介します

2011年03月31日
 「越後長岡百景」とは、長岡圏域にある様々な「風景」と、そこに秘められた「人々の想い」を集めたものです。
 その百景のひとつに選ばれた「26 シンボルロード(長岡)」について紹介します。

「想い」のタイトル

 東口シンボルロード 学問のみち 

公募でよせられた想い・情景(越後長岡百景)

 シンボルロードは、廃線となった栃尾鉄道の跡地を利用して作られたものです。長岡駅東口から市民文化公園へ続く遊歩道で、近くには、多くの小中学校や高校があり、地域住民はもちろんのこと、多くの児童・生徒・学生が利用することから「学問の道」とも言えるでしょう。また、川上四郎の挿絵をモチーフにした像や、童謡のレリーフなど、幼い頃のメルヘンの世界を思い出しながら、心の安らぎを感じられる場所でもあります。
(長岡市在住 60代 男性)
※ 内容は平成16年の応募当時のものです。

百景の想いや場所にまつわる短歌(越後長岡百歌)

 遠き日の想い出を誘う栃鉄跡いま甦り学問の路に
 子が通ひ主人が通ひ孫通ふ栃鉄跡なる学問の道
 ※ 内容は平成17年の応募当時のものです。

関連情報

■長岡シンボルロード(駅東歩行者専用道)
 長岡シンボルロードは、「長岡市の顔」にふさわしい遊歩道を造ろうと、中心市街地活性化計画の一環として整備されました。長岡シンボルロード駅東歩行者専用道(JR長岡駅東口~中央図書館)は、長さ670メートルで、昭和63年(1988年)に竣工しました。駅東歩行者専用道は、昭和48年までこの場所を走っていたトッテツ(越後交通栃尾線の長岡―悠久山間)の廃線敷を使って、地元の人たちの参加と協力を得て整備されました。平成元年には、そのことが評価され、建設省(現在の国土交通省)の「手づくり郷土(ふるさと)賞」を受賞しています。

越後長岡百景位置図

シンボルロード(長岡)周辺地図(地図内の赤字番号は、百景の番号)
越後長岡百景位置図(全体地図)(PDF形式  724 キロバイト)

大切な思い出の場所、ありますか?-目をつぶれば、心に浮かぶワンシーン・・・「越後長岡百景」
 越後長岡百景は、地域の人々に、その地域の自然や文化、歴史、伝統といったものを題材に、景色・シーンを応募頂き、これにあわせて、「そのシーンに対するタイトルとそこに含まれる想いや情景」、「シーンにまつわる短歌」もお寄せ頂き、それを発信していくことで、地元地域への誇りや愛着心を持って頂くことを目的に、平成15年度から平成17年度に実施した事業です。
 このページ中の「「想い」のタイトル」欄、「公募でよせられた想い・情景(越後長岡百景)」欄、「百景の想いや場所にまつわる短歌(越後長岡百歌)」欄は、応募下さった方の「この景色・シーンに込められた想い」を、応募頂いた当時の内容そのままでご紹介しています。
 少しずつ変わっていくふるさとのまちなみ。時の流れとともに、見ることのできなくなる百景のシーンもあるかもしれませんが、この場所やこのワンシーンに込められた人々の想いに、心を寄せてみてください。

長岡地域振興局のトップページへ
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする