このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の【長岡】熱中症にご注意ください!
本文はここから

【長岡】熱中症にご注意ください!

2018年06月04日

県内でも夏日を観測するなど、暑い季節となってきました。
熱中症は暑くなり始めた時期に多く発症し、実際に救急搬送の報告も出ています。

熱中症は命にかかわる病気です。予防方法を正しく知って、自分や周囲の人の熱中症を防ぎましょう。

熱中症の人のイラスト

熱中症とは

◆高温多湿な環境下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温調整機能がうまく働かないことによって起こります。

◆環境条件のほか、体調が良くない、暑さに体が慣れていないなどの個人の体調による影響により、熱中症のリスクが高まります。

◆体内に熱がたまり、筋肉痛や大量の発汗、吐き気、倦怠感などの症状が現れ、重症になると意識障害などが起こって、最悪の場合死に至ります。

◆熱中症は適切な対応で予防できます。熱中症になった場合も、適切な応急処置により救命することができます。

こんな場所、状況は特に注意

  • 炎天下での作業や運動
  • 人が集まるホールや体育館
  • 窓などを締め切っての入浴、調理中のキッチン
  • 気密性の高いビル等の中、マンションの上階
  • 熱帯夜の翌日

こんな人は注意

  • 水分・栄養不足、睡眠不足などで、体調が悪い人
  • 高齢者、子ども、生活習慣病や肥満の人
  • 過度に衣服を着ている人
  • 日頃運動をしていない人、暑さに慣れていない人


熱中症予防対策の6カ条

1 暑さを避けましょう

かさのイラスト

外を歩くときは日陰を選んだり、日傘を活用して日光を避けましょう。
室内はカーテンやすだれなどで直射日光を防ぎましょう。
暑い日の作業は決して無理せず、適宜休憩を取りましょう。

2 服装の工夫を

汗がすぐ乾くような吸汗・通気性の良い衣服を選びましょう。
外では輻射熱を吸収して熱くなる黒色系の服は避け、帽子をかぶりましょう。

白いTシャツのイラスト

3 水分をこまめに補給

水分をとるキッピーのイラスト

喉の渇きを感じる前、暑いところに行く前、寝る前などに早めに補給しましょう(まとめて飲んだり、がぶ飲みはNGです)。
アルコールやカフェインの多い飲料は、利尿作用によって体内の水分を排泄してしまうため、水分補給にはなりません。

※大量に汗をかいたときは、水分と同時に塩分も補給しましょう。(1リットルに1~2gの塩を溶かした水や、スポーツドリンクが有効です)

4 暑さに備えた体作りを

暑い日が続くと体が暑さに慣れて(暑熱順化)、暑さに強くなります。
体が暑熱順化して発汗機能が正常に働くように、日頃から軽い運動(30分程度のウォーキングなど)で汗をかく習慣をつけておきましょう。

運動するトッキーのイラスト

5 体調の管理を

食事をするトッキーのイラスト

1日3食の栄養バランスの良い食事と、十分な睡眠を取るようにしましょう。
日頃からの体調管理が重要です。

6 室内の温度・湿度管理を

クーラーや扇風機を活用したり、換気をして、室内の温度・湿度を調節しましょう。これらが使えない時は、シャワーや冷たいタオルで体を冷やしましょう。
冷房は強すぎると外気温との差が大きくなり、部屋との出入りの際にかえって体に負担がかかります。温度設定に注意しましょう。

エアコンのイラスト

高齢者の注意点

  • 喉が渇かなくても水分補給をしましょう。
  • 温度・湿度をこまめに確認しましょう。
  • 部屋に熱がこもらないようにしましょう。

小さなお子さんを持つ保護者の注意点

  • お子さんの様子(顔色、汗のかき方など)を十分に観察しましょう。
  • 服装を選びましょう。
  • 水をこまめに飲ませましょう。また、お子さんが自分でも飲めるように学習させましょう。
  • 日頃から暑さに慣れさせましょう。


熱中症を疑う症状と現場での応急処置

熱中症を疑う時のチェックポイントをフローチャートで示しました。
環境省「熱中症環境保健マニュアル2018」より引用

熱中症に関する詳しい情報はこちらのリンクからご覧ください