このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の【長岡】『長岡まつり』で臨時的に食品営業を行う方へ
本文はここから

【長岡】『長岡まつり』で臨時的に食品営業を行う方へ

2018年06月19日

「長岡まつり」(毎年8月1~3日開催)において、臨時店舗を設けて料理や飲み物を調理販売したり、惣菜などを販売したりするには、保健所に申請して営業許可を取得する必要があります。
例年、大変多くの申請者から申請がありますので、許可事務を円滑に行うため、下記の日程に従い、申請及び現地検査立ち会いをお願いします。
【出店場所の注意】
道路(歩道を含む)上の出店は、道路管理者の許可が必要であり、長岡まつりでは認められません。詳しくは各道路の管理者にお問い合わせください。

申請期限と検査日について

【申請期限】平成30年7月20日(金)まで 
【現地検査日】平成30年7月31日(火)
【検査時間帯】 *営業場所(エリア)によって時間帯が異なります。
 ● 信濃川の西エリア(ハイブ長岡側) ⇒「午前」(午前9時~12時の間) 
 ● 信濃川の東エリア(JR長岡駅側) ⇒「午後」(午後1時~5時の間)
【注意事項】
・書類に不備があると、申請を受け付けられないことがあります。余裕をもって手続きされるようお願いします。
・検査件数が多いため、検査時間の指定はお受けできませんので、御了承願います。
・例年、現地で立会者とお会いできず許可書をお渡しできないことがあります。正確な出店場所(地図や番地等詳細)と当日連絡可能な担当者の連絡先(携帯番号等)を申請書に御記入ください。

臨時食品営業許可のながれ

*行事等にあわせて臨時的に簡易な施設を設け、食品を提供する場合は、原則として営業許可が必要であり、事前に手続きが必要です。
◆「臨時食品営業の許可申請について」(長岡保健所パンフレット)(PDF形式  369 キロバイト)
1 【事前相談】
・臨時営業の対象となるかを確認します。
・販売できる食品の範囲(臨時飲食店であれば「加熱調理食品」又は「既成食品」)や施設・設備の基準について御案内します。
2 【申請】
以下、書類等をご用意の上、保健所へおいでください。
(1)臨時食品営業許可申請書(調理・製造・販売計画、従事者名簿を含む)
・様式は下記からダウンロードできます。
◆申請書様式(PDF形式)のダウンロードはこちら( 108 キロバイト)
◆申請書様式(Word形式)のダウンロードはこちら( 64 キロバイト)
◆申請書等の記入例(PDF形式)はこちら( 295 キロバイト)
(2) 営業施設の平面図
・作業台や調理設備の配置がわかるように記載してください。
・会場内の使用しやすい場所にトイレと給水設備が必要ですので、その位置も記載してください。
(3) 営業所付近の見取図
・出店場所がわかる図面を御用意ください。
(4) 従事者の検便結果(コピーで可)
・調理・製造(盛り付ける、飲み物を注ぐだけでも該当)の従事者が対象です。
・営業日から1年以内に実施した結果が必要です。
(5) 申請手数料
・新潟県収入証紙(新潟県内の銀行等で販売)で納めてください。
・業種によって額が異なります。(臨時飲食店は4,000円)
3 【現地検査・許可】
・申請者立会いのもと、保健所職員が開催地の現場を検査します。
・申請者による立会いが原則ですが、イベント主催者等による代理の立会いも可能です。
・支障がなければ、その場で営業許可書を交付します。