このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の高齢者・障害者・福祉の中の【長岡】生活保護制度について
本文はここから

【長岡】生活保護制度について

2018年04月01日

生活保護制度

 何らかの理由で、家族の力だけでは生活が成り立たなくなった場合に、日本国憲法第25条の考え方に基づいて「健康で文化的な最低限度の生活」を保障し、1日も早く自分たちの力だけで生活していけるように援助する制度です。

 詳しくお知りになりたい方は、つぎのところへお問い合わせください。

 ●長岡市、柏崎市、小千谷市、見附市にお住まいのかたは各市役所
 ●出雲崎町、刈羽村にお住まいのかたは各町村役場又は地域福祉事務所

 ※地域福祉事務所は長岡地域振興局健康福祉環境部地域福祉課内にあります。


生活保護を受ける権利

 生活に困った人は、憲法で約束された権利として最低限度の生活費が保障されています。家族の収入、財産や他の制度などを全て活用しても「最低限度の生活」ができない場合には、世帯単位で生活保護の申請をすることができます。

生活保護制度を利用する前に活用できる制度

 一時的に生活資金にお困りの方は、お住まいの市町村の社会福祉協議会で生活資金の貸し付けを行っておりますので、そちらにお問い合わせください。
 他にも、市町村によっては医療費の助成制度があったり、母子家庭などへの貸付金や、ひとり親家庭に児童扶養手当が支給される制度などがあります。

生活保護を受けるために必要なこと

 生活保護を受けるためには、次のことを守っていただかなければなりません。
 働ける人は働いて、1日も早く自分たちの力で生活できるように努力しなければなりません。
 最低生活に必要なもの以外は、処分または活用して生活に役立てなくてはなりません。

 親子、兄弟姉妹、親戚と話し合い、可能な限り助けてもらわなければなりません。別世帯で暮らしている親・子・兄弟姉妹などに、どの程度援助できるか文書などで照会することがあります。

 その他にも守っていただくべきことがあります。

生活保護の申請

 申請窓口はお住まいの地域の市役所または町村役場になります。
 町村においては、保護の実施や状況調査を行うのは地域福祉事務所になります。

 申請してから生活保護の決定まではおおむね2週間から1ヶ月かかります。生活保護が決定した場合は、申請した日から生活保護が開始されることになり、申請日から生活費が計算されます。

○町村にお住まいの方
 生活保護の申請を行うと数日中に町村役場及び地域福祉事務所の担当職員がお宅にお伺いし、世帯の生活状況や申請をすることになったいきさつなどについて調査します。
 この調査のほかにも、金融機関などに対して申請者の世帯全員の資産について照会を行います。
 同居していない親・子・兄弟姉妹などに、どの程度申請者世帯を援助できるか文書などで照会することもあります。

○市にお住まいの方
 詳しくはお住まいの市役所にお尋ねください。

生活保護のしくみ

生活保護は、最低生活費と収入の関係により決定されます。
最低生活費、収入、生活保護費は以下により算定されます。

○最低生活費
 憲法で保障される「健康で文化的な最低限度の生活」を維持するための生活費で、法律により定められています。
 お住まいの地域、世帯員の年齢、人数、状況などによって異なります。最低生活費は世帯を単位として計算されます。

○収入
 世帯に入るお金や品物(例えば、お米などの仕送り)などは、原則としてすべて収入とみなします。
 なお、働いて得た収入については、その一部を収入額から除いて計算します。

○生活保護費の支給
 「収入」が「最低生活費」より少ないときに、足りない部分を生活保護費として支給します。


 申請時の各種調査で世帯の収入を調べます。収入と最低生活費を下の図のように比較し、保護が受けられるかどうか決定します。
 


 収入が最低生活費を下回るため、その不足分が生活保護費として支給されます。

<生活保護が受けられる場合>


 収入が最低生活費を上回るため、生活保護は受けられません。

<生活保護が受けられない場合>