このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の【長岡】「麻薬・覚醒剤乱用防止運動」を実施しています
本文はここから

【長岡】「麻薬・覚醒剤乱用防止運動」を実施しています

2018年10月01日

薬物乱用は「ダメ。ゼッタイ。」!

ただいま、全国で「麻薬・覚醒剤乱用防止運動」が実施されています。

麻薬、覚醒剤や大麻、シンナー、危険ドラッグなどの薬物乱用は、乱用者個人の健康上の問題だけでなく、様々な犯罪を引き起こす原因にもなります。
最近では、若年層を中心に大麻の検挙者数が増加していますが、大麻は、脳に影響を与え、幻覚作用や学習能力の低下、知覚の変化などを引き起こす、とても有害な薬物です。

薬物乱用を防止するためには、県民の皆さん一人ひとりが薬物に対する正しい知識を持ち、薬物乱用を行わない、誘われても断る勇気を持つことが大切です。

違法薬物の写真

(写真は厚生労働省ホームページの報道発表資料より)

薬物乱用防止の相談窓口

県内の保健所では、「覚醒剤等相談窓口」を設け、薬物乱用防止の相談を行っています。
長岡地域の薬物乱用防止に関する相談は、長岡保健所医薬予防課 電話番号0258-33-4932までお願いします。