このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の【村上】「村上の食材を学んで食べる。」会を開催しました!
本文はここから

【村上】「村上の食材を学んで食べる。」会を開催しました!

2016年03月18日

観光関係者らに作り手の思いを語る生産者

村上食材の料理を味わいながら意見交換会

 村上地域は、「岩船米」や「村上牛」の他「やわ肌ねぎ」などのブランド食材が多くありますが、生産の背景や特徴を地域に訪れる観光客や消費者の皆様に伝えることが難しい状況にありました。
 そこで、ブランド食材を日頃から提供している地元旅館・ホテル、料亭など接客の最前線の方々から、その生産の背景や生産者の思いなどを知っていただき、観光客等へ伝えることにより、「村上の食材」の知名度をより高めていこうと「村上の食材を学んで食べる。」会を開催しました。
 管内の旅館や割烹などから33人の参加者があり、最初に、「岩船米」生産者の忠聡さんや「村上牛」生産者の漆間平さんからブランド食材物語~生産者の思い~と題して講話を頂き、その後、地元ブランド食材を活かした料理7品を味わいながら意見交換をしました。
参加者からは、SNSを活用した情報発信や「料理をお出しする時に、食材のことや生産者の思いを伝えながら提供できることは、とても有意義なこと」など多くの意見が出され、地域の良さをあらためて確認するとともに、食材や料理に込められた思いを食べていただく方々に伝えることの大切さを知る良い機会となりました。