このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の【村上】今年も「園芸で儲かった!!研修会」を開催しました。
本文はここから

【村上】今年も「園芸で儲かった!!研修会」を開催しました。

2015年12月17日

 岩船農業振興協議会園芸部会では、経営体への園芸導入や園芸生産の拡大を目的として「園芸で儲かった!!研修会」を開催しています。今年度は水稲育苗ハウスを活用した養液土耕栽培をテーマとして、7月17日に現地研修会を開催し、生産者・関係機関合わせて28名の参加がありました。
JAかみはやし育苗センターでは、今年度新潟スタイル園芸確立支援事業を活用して導入した、管内で初めての「いちじく養液土耕コンテナ栽培」を視察し、栽培システムの概況、設置方法や導入経費、栽培管理方法などについて研修しました。
 JAにいがた岩船四日市育苗ハウスでは、ココスラブ(ヤシガラ)培地を利用したトマト養液土耕栽培を視察し、トマトでの栽培管理の特徴や収益性、コンテナ式とバック式の培地の違いと給液管理の方法などを研修しました。
 参加者からは「現地を見ながらの説明で栽培システムの仕組みが分かりやすかった」、「導入経費がやや高額で低コスト化が課題」との意見があり、今後の技術改善の課題も見えました。
 普及指導センターでは、今後も園芸導入を支援し、新潟スタイル園芸の普及拡大を推進していきます。

JAかみはやし 育苗センターのいちじく養液土耕コンテナ栽培

JAにいがた岩船 四日市育苗ハウスのトマト養液土耕バック培地栽培