このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の地域情報~トピックス~ 
本文はここから

地域情報~トピックス~ 

2010年08月19日

新潟県人大交流祭ににいがた地鶏が参加!(平成22年9月25、26日)

【村上】飼料米稲の収穫をしています。(平成22年8月25日)

村上市では、にわとり用飼料米の稲刈りが始まりました。
これは、5月7日に田植えしたアキヒカリという品種です。
これから、玄米は養鶏場に、稲わらは肉牛農家に運ばれ、モウ~ケッコウなエサになります。

飼料米稲の収穫が始まりました

赤かぶの花満開!

今、花盛り! 
 山の急斜面の黄色い花畑です。
 この黄色い花は、赤かぶの花。
 焼き畑に植えていた赤かぶですが、昨年、収穫しきれず、深い雪の下になっていた赤かぶが、雪融けとともに芽吹き、今、満開の花を咲かせています。

11月13日に岩船郡市農山漁村女性交流会を開催。食育をテーマに180名が集う! 

船郡市農山漁村女性交流会を開催。食育をテーマに180名が集う! 

 この交流会は、例年、JA女性部や農村地域生活アドバイザーなど4つの女性団体中心となって企画から運営までを行うイベントです。
 今年は、村上市荒川地区公民館で開催し、農林水産業に携わる女性や消費者等約180名が参加しました。

 (1)テ ー マ  伝えよう食べる喜び、育もう生きる力!
 (2)期  日  平成20年11月13日(木)
 (3)会  場  村上市荒川地区公民館
 (4)主な内容  講演、寸劇、米粉の利用、地産地消交流

<講演>
 「身近なところから始める食育について」と題して、新潟医療福祉大学村山伸子教授から講演を頂きました。「子供達の食事の大切さが理解できた」などの声が寄せられました。
<寸劇>
 荒川地区の交流会実行委員は、「荒川家の夕食」と題した寸劇を披露し、食育の大切さを訴えました。参加者からは好評でした。
<米粉活用の活動紹介と米粉パンの作り方>
 米粉活用事例を紹介。参加者にも活用してもらうため、米粉のサンプルやレシピも提供しました。
<地産地消交流>
 参加者が持ち寄った農林水産物や加工品について、1組1分の持ち時間でアピールしました。

10月11日に第4回うんめもんネット合同市を開催しました。

うんめもんネット合同市開催

 岩船・村上地域の農林水産物直売所と農産加工をしている農業者で、相互研鑚を目的にネットワークしている「うんめもんネット」が、10月11日(土)に、合同で市を開催しました。4回目になる今年は、昨年に引き続き、村上市内の大型店舗協力を得て駐車場をお借りし、実施しました。
 農産物直売所は広く知られてきていますが、まだまだ、知らない方も多いので、少しでも多くの方に地場物が手に入る農産物直売所を知ってもらおうと開催しています。

うんめもんネット合同市