このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の市町村・地域振興の中の【村上】むらかみ・いわふね珍風景
本文はここから

【村上】むらかみ・いわふね珍風景

2014年01月10日

村上城天守台に並んだ石(珍風景番号108)

 村上市の中心にそびえる標高135メートルの臥牛山(がぎゅうさん)は、かつての村上城の跡で、村上市のシンボル・お城山として市民に親しまれています。山上にはかつては三層の天守が建てられていましたが、17世紀半ばに火災で焼失し、その後は再建されませんでした。
 今は建物はまったく残っていませんが、天守台(※)や城門跡には建物の礎石がほぼそのままの形で残っており、かつての姿を偲ぶことができます。
 東西7間(約12.6メートル)、南北5間(約9メートル)の天守が建てられていた天守台には、当時の礎石が整然と並んでいます。

※ 天守を立てるため、石垣が積まれた高台

天守台には礎石が整然と並んでいます

 これらの礎石には、柱が立てられていた四角い穴も開いていて、大きな建物を支えていたことが伺えます。
 礎石はいくつもに割れていますが、これは、天守が火事で焼け落ちた際に高熱で割れてしまったようです。
 天守へ登る途中にある御鐘門(おかねもん)跡や冠木門(かぶきもん)跡にも、柱穴の開いた礎石がきれいに並んで残っています。   

柱が立てられていた穴も残っています

 村上城跡は、山上にもかかわらず県内でも類を見ない大規模な石垣が築かれており、国の史跡に指定されています。
 石垣の石は、8キロほど北の村上市柏尾地区で切り出され、船で城下まで運ばれた後、人力で山の上まで運び上げられたものだそうです。
 石垣は、築城から400年近くを経て、ゆがんだり割れたりしてきたため、村上市によって修復作業が進められています。

修復がほぼ終わり、迫力のある石垣がよみがえった出櫓

 天守台からは村上市街が一望できます。麓からは15分ほどで登ることができ、多くの市民の憩いの場になっています。 

 かつての村上城の姿が偲ばれる珍風景でした。

村上市街から三面川河口まで一望できます

これまでの珍風景

門番のいた校門(珍風景番号107)
村上市役所裏の建物の正体は・・・
【掲載日:平成25年12月27日】
砕氷艦のスクリュー (珍風景番号106)
かつて南極観測で活躍した「しらせ」のスクリューが見られる?
【掲載日:平成25年12月20日】
お隣とは壁一枚(珍風景番号105)
村上の町屋、ちょっと変わっていると思いませんか?
【掲載日:平成25年12月6日】
子連れの狛犬 (珍風景番号104)
社殿前の狛犬をよく見ると子犬が…!
【掲載日:平成25年11月29日】
道路の植え込みにも村上らしさ(珍風景番号103)
「北限の茶所」村上の道路の植え込みには…
【掲載日:平成25年10月18日】
6・3・3制発祥の地(珍風景番号102)
日本の教育制度に大きな役割を果たした珍風景
【掲載日:平成25年9月20日】
絶景の展望台(珍風景番号101)
岩山の頂上になにやら建物が・・・
【掲載日:平成25年9月13日】