このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の市町村・地域振興の中のむらかみ・いわふね珍風景
本文はここから

むらかみ・いわふね珍風景

2012年04月06日

左は山形、右は新潟?県境をまたがる集落(珍風景番号32)

上の写真は2012年4月に撮影されたものです

 新潟県の最も北に位置する村上・岩船地域は、村上市(旧山北町)が山形県鶴岡市と、関川村が山形県小国町と接しており、北へ行っても東へ行っても山形県となっています。
 
 新潟県を北上し、山形県鶴岡市と接する地点に、新潟県側には伊呉野(いぐれの)、山形県側には鼠ヶ関(ねずがせき)という集落があります。実はこの二つの集落は、一つの集落のように繋がっていて、県境も家並みに沿って入り組んでいます。まるで集落内に県境があるように見えるのです!
 それがこちらの写真です。ひとつの集落の中に山形県と新潟県が共存しているようでしょう!
 
 アスファルトに描かれた足のマークに足を合わせると…「右は山形、左は新潟!」。なんともおもしろいです。
 
 県境の石碑の向かいには、県境通過記念スタンプも設置されており、記念にスタンプを押すことができます。村上市から山形県へ向かう途中、是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
 

【注意】※2017年10月時点
左の写真は、2012年4月に撮影されたものです。現在、経年劣化により文字等が薄く見えづらくなっています。



上の写真は2012年4月に撮影されたものです

山形と新潟をまたぐことができちゃいます。※この写真は2012年4月に撮影されたものです

県境通過記念スタンプが押せますよ!

これまでの珍風景

冬しか見られない粟島の風物詩!寒ダラがズラ~っ。(珍風景番号31)
粟島でみつけた、冬しかみられない「寒ダラ」がずらっと並ぶ風景。
【掲載日:平成24年3月30日】