このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の家庭・子育て・青少年の中の【村上】平成29年度わたしの主張『村上・岩船地区大会』を開催しました(全発表作品を掲載しました)
本文はここから

【村上】平成29年度わたしの主張『村上・岩船地区大会』を開催しました(全発表作品を掲載しました)

2017年09月20日
 結果報告に加えて、全員の発表作品や写真を掲載しました。中学生の主張をぜひご覧ください。 

 8月19日(土)、村上市教育情報センター(視聴覚ホール)において、平成29年度新潟県少年の主張大会-わたしの主張-『村上・岩船地区大会』を開催しました。
 村上市・関川村・粟島浦村の各中学校から代表に選ばれた11人の皆さんは、自分の思いを堂々と発表しました。
 審査の結果、村上市立平林中学校3年の田中 心(たなか しん)さんが最優秀賞を受賞されました。
 地区大会当日は、大変多くの方にご来場いただきました(約200人)。どうもありがとうございました。
 
  
発表者と司会者の皆さん

最優秀賞は 平林中学校 3年 田中 心さんが受賞されました

平林中学校 3年 田中 心さん

《 題名「僕のウルトラマン」 》

(発表要旨)
 幼い頃から抱いていた夢。「ウルトラマンとともに」というその夢は、ともすれば人から笑われるようなものだった。そんな自分を否定することなく応援してくれた周囲の人たちに感謝し、必ず夢を実現させて、子どもたちに勇気を与えるような作品を製作したい。

最優秀賞「僕のウルトラマン」平林中学校 3年 田中 心(PDF形式  128 キロバイト)

優秀賞は 粟島浦中学校 脇川 玲菜 さん、村上中等教育学校 小田 萌恵 さんが受賞されました

粟島浦中学校 3年 脇川 玲菜 さん

《 題名「島の未来を守る」 》

(発表要旨)
 あと1年で島を離れる年齢になった今、見つめ直してみると島には少子高齢化が深刻に迫っていた。私は島が大好きだ。しかし、このまま少子高齢化が進めば、守っていきたい伝統や生活はなくなってしまうかもしれない。
 今、大人たちは島の伝統や生活を守ろうと、試行錯誤している。周りからは「戻ってこなくても大丈夫」と声をかけられるが、私はこれから努力して医者になり、故郷に戻ってきたい。そして島の活動を盛り上げる1人になりたい。大好きな島の未来を守るために。

優秀賞「島の未来を守る」粟島浦中学校 3年 脇川 玲菜(PDF形式  123 キロバイト)

村上中等教育学校 3年 小田 萌恵 さん

《 題名「人々が互いに仲良く暮らすには」 》

(発表要旨)
 中国人とのハーフとして生まれた自分はいじめや人種差別について関心を持たずにおれない。世界で戦争や人種差別をなくすためにも、私たちは広い視野を持たねばならない。

優秀賞「人々が互いに仲良く暮らすには」村上中等教育学校 3年 小田 萌恵(PDF形式  110 キロバイト)

奨励賞を受賞された皆さん(発表順)

神納中学校 近さん

関川中学校 鈴木さん

奨励賞「自分を変える」神納中学校 1年 近 ののは(PDF形式  96 キロバイト)
奨励賞「信じること、疑うこと」関川中学校 3年 鈴木 大輝(PDF形式  130 キロバイト)

山北中学校 大滝さん

朝日中学校 小池さん

奨励賞「妥協はしない」山北中学校 3年 大滝 謙祐(PDF形式  138 キロバイト)
奨励賞「言葉で伝えること」朝日中学校 3年 小池 夏未(PDF形式  93 キロバイト)

村上東中学校 山田さん

荒川中学校 近藤さん

奨励賞「日本文化のよさとは」村上東中学校 2年 山田 千智(PDF形式  130 キロバイト)
奨励賞「『笑う』ということ」荒川中学校 3年 近藤 陽菜(PDF形式  119 キロバイト)

村上第一中学校 冨樫さん

岩船中学校 鈴木さん

奨励賞「失わないために」村上第一中学校 3年 冨樫 悠姫(PDF形式  111 キロバイト)
奨励賞「米一粒は一人の命」岩船中学校 3年 鈴木 皆斗(PDF形式  109 キロバイト)

受賞者一覧(奨励賞は発表順)

 
題名 学校名 学年 氏名
最優秀賞 僕のウルトラマン 平林中学校      3 田中 心 
優秀賞 島の未来を守る 粟島浦中学校 脇川 玲菜 
優秀賞 人々が互いに仲良く暮らすには 村上中等教育学校 小田 萌恵
奨励賞 自分を変える 神納中学校 近 ののは  
奨励賞 信じること、疑うこと 関川中学校 鈴木 大輝 
奨励賞 妥協はしない 山北中学校 大滝 謙祐
奨励賞 言葉で伝えること 朝日中学校 小池 夏未 
奨励賞 日本文化のよさとは 村上東中学校 山田 千智
奨励賞 「笑う」ということ 荒川中学校 近藤 陽菜
奨励賞 失わないために 村上第一中学校 冨樫 悠姫
奨励賞 米一粒は一人の命 岩船中学校 鈴木 皆斗

司会進行は、村上市立荒川中学校の生徒2人が務めました

 司会進行は中学生が担当しました。

○岩瀬 駿佑(いわせ しゅんすけ)さん~右側
○門脇 そら(かどわき そら)さん~左側 
 
 今回は荒川中学校の生徒2人による司会進行で、中学生の主張大会にふさわしいさわやかな進行でした。
 ご来場の皆さんからも大変好評でした。

アトラクション 岩船、神納、山北、関川中学校吹奏楽部の演奏

岩船、神納、山北、関川中学校吹奏楽部の皆さん
 審査中のアトラクションとして、岩船、神納、山北、関川中学校吹奏楽部の皆さんから素晴らしい演奏をしていただきました。
 中学生の演奏を直接聴く機会はなかなかありません。練習を重ねた元気な発表に、会場内は盛り上がっていました。
 吹奏楽部の皆さん、ありがとうございました。

地区大会の概要

1 日時 平成29年8月19日(土) 12時50分から
2 会場 村上市教育情報センター 視聴覚ホール (村上市田端町4番25号)
3 主催 新潟県村上地域振興局、村上市・岩船郡青少年健全育成会議
4 共催 村上市教育委員会、関川村教育委員会、粟島浦村教育委員会
5 後援 村上岩船地区保護司会、新潟日報社、村上新聞社、いわふね新聞社
6 問い合わせ先 新潟県村上地域振興局健康福祉部企画調整課 (電話 0254-53-8361)