このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の建設・まちづくりの中の【南魚沼】新しい大倉橋が開通しました
本文はここから

【南魚沼】新しい大倉橋が開通しました

2017年11月09日
平成27年8月より全面通行止め規制をかけて整備を進めてきた一般県道桐沢麓五日町停車場線の大倉橋が平成29年10月29日に開通しました。
新しい大倉橋
新しい大倉橋
位置図
位置図 (新潟県南魚沼市大倉)

事業概要

(1)事業区間 延長L=150m
(2)幅  員 全幅員 W=11.0m(車道3.0m×2車線、片側歩道2.5m)
(3)橋の概要 大倉橋 橋長L=39.6m
(4)事業期間 平成25年度~平成29年度
(5)総事業費 約5億円
大倉橋は一級河川水無川を渡河する一般県道桐沢麓五日町停車場線の橋です。
当路線は、地域の重要な生活道路であり、さらには観光資源である水無渓谷、八海山麓スキー場などを連絡する観光道路です。しかし、大倉橋前後区間については、道路幅員が狭く縦断勾配が急なため、観光バスのすれ違いができない状況となっており、また冬期においてはスクールバスも大きく迂回を強いられる状況でした。
これら諸問題を解消するため、平成25年度より、大倉橋の架け替えを含む延長150mの道路改良整備を進めてきました。
本区間の開通により、冬期に迂回を強いられていたスクールバスの通行が可能となり、日常生活における安全性の向上につながるとともに、水無渓谷や八海山麓スキー場など多くの観光資源を連携した地域の発展が期待されます。


【架け替え前】橋長  31.8m
       幅員  5.0m(車道4.0m、路肩 0.5m×2、歩道なし)
架け替え前の大倉橋
架け替え前の大倉橋

架け替え前(起点側より望む)

架け替え前(河川上流より望む)

【架け替え後】橋長  39.6m
       幅員  11.0m(車道3.0m×2車線、路肩1.25m×2車線、歩道 2.5m)
架け替え後の大倉橋
架け替え後の大倉橋

架け替え後(起点側より望む)

架け替え後(河川上流より望む)

開通式の様子

平成29年10月29日(日)午前11時から、大倉橋において地元主催の開通式が行われました。
雨が降る中にもかかわらず、多くの方が集まり、新しい大倉橋の開通を祝いました。
テープカット
テープカットの様子
渡り初め
渡り初めの様子