このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の【南魚沼】平成30年度収穫適期判定情報
本文はここから

【南魚沼】平成30年度収穫適期判定情報

2018年08月31日

平成30年度収穫適期判定情報

1 管内の収穫適期予想(9月27日更新)

H30南魚沼積算気温表(観測地点:南魚沼市城内地域開発センター)(PDF形式  172 キロバイト)
H30湯沢積算気温表(観測地点:湯沢アメダス)(PDF形式  41 キロバイト)

2 管内の刈取適期判定機の積算温度

9月27日現在

 
  地区名 地点名 調査ほ出穂期 積算温度 標高
南魚沼市 茗荷沢新田 7月31日 1327℃ 155m
浦佐 天王町 8月4日 1266℃ 141m
大巻 五日町 8月5日 1232℃ 164m
六日町 小栗山 8月2日 1298℃ 170m
五十沢 7月31日 1373℃ 215m
城内 山口 8月11日 1041℃ 231m
塩沢 島新田 8月3日 1278℃ 167m
塩沢 栃窪 8月10日 1047℃ 406m
上田 早川 8月9日 1016℃ 187m
湯沢町 土樽 8月7日 1124℃ 426m
○積算温度が800℃を超えた時点から数値を記載します。
○更新は毎週、月・木に行います(休日の場合翌日)。
○機器不調により地点変更しました。「塩沢 思川」→「塩沢 島新田」
・出穂後の積算温度による収穫適期のめやすは、通常はコシヒカリで1,000℃、早生では975℃です。
・今年は登熟期間が高温となっており、籾水分の低下が早く、立毛胴割粒や基部未熟粒の発生が懸念されるので、平坦地のコシヒカリは通常の積算温度より50℃低い(2日程度早い)950℃程度を収穫開始のめやすとします。なお、湯沢町及び高標高地のコシヒカリは、積算温度1,000℃をめやすとします。
・また、平坦地の早生品種(五百万石、こしいぶき等)は通常の積算温度より50℃低い(2日程度早い)925℃を収穫開始のめやすとします。
・積算温度によるめやすを参考に作業の予定を立て、成熟期近くになったら、必ずほ場で籾の黄化程度を見て、実際の収穫時期を判断してください。(参考:平成30年8月27日:【南魚沼】稲作情報No.7)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする