このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の【南魚沼】平成29年4月6日:稲作情報No.1
本文はここから

【南魚沼】平成29年4月6日:稲作情報No.1

2017年04月19日

平成29 年度 最重点技術

〇土づくりによる地力向上 → 登熟後半の稲体活力維持
〇適正な育苗日数による老化苗防止 → 良質茎の早期確保

〇育苗の注意点
・播種から田植えまでの育苗日数の目安はハウス加温出芽で18日程度です。
・播種時期が早く、育苗日数が長くなると老化苗となり、本田での初期生育が劣ります。
・初期生育の低下は、茎数不足による収量低下や、生育の後ずれにつながります。



詳しくは下記のファイルをご覧下さい。
H29稲作情報No1(PDF形式  404 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする