このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の【魚沼、南魚沼、十日町】なだれ防止事業の紹介
本文はここから

【魚沼、南魚沼、十日町】なだれ防止事業の紹介

2017年07月21日

なだれ防止事業の概要

魚沼市、南魚沼市、十日町市、湯沢町、津南町は、県内でも降雪量が特に多い地域であり、山間部に近い地域では、冬期間になだれが発生する危険性があります。
このため、森林を造成してなだれを防ぎ、地域の安全・安心を確保することを目的とし、なだれ防止事業を行っています。

ほくほく線美佐島駅斜面の土砂崩れ対策(十日町市猿倉)

新潟・福島豪雨で、ほくほく線美佐島駅の裏の斜面が崩壊しました












平成23年7月27日から31日にかけての新潟・福島豪雨により、「ほくほく線美佐島駅」裏の斜面が崩壊し、ほくほく線変電施設が被災し、駅駐車場に土砂が流出しました。
このため、災害関連緊急治山事業で斜面崩壊対策として、法枠工と土留工を施工しました。

斜面の崩落の写真
ほくほく線変電施設に達した土砂の写真

斜面の表層部が剥がれ落ち、下方へ流出しました。

崩壊した土砂は、ほくほく線変電施設まで達しました。

ほくほく線変電施設の防護柵が倒壊した写真
法枠工の型枠の写真

崩壊土砂によって、ほくほく線変電施設の防護柵が倒壊しました。

斜面崩壊を抑止するために法枠工を施工しました。型枠の組み立て状況です

モルタル吹き付けが完了した法枠工の写真
コンクリートの土留工の写真

モルタルを吹き付けた法枠工です。枠内には、緑化資材を吹き付けます。

法枠工下部の崩壊土砂の流出を防止するため、斜面の法尻に、コンクリートの土留工を施工しました。

なだれ対策のための三角フェンスの設置

遠景から撮影した法枠工の写真











災害関連緊急治山事業による斜面崩壊対策が完了しましたが、冬期間になだれ発生の危険生があるため、なだれ防止林造成事業でなだれ柵を施工することとしました。
当現場は法枠工を施工済みであり、一般的に施工するなだれ予防柵が施工できないため、「Made in 新潟」に登録されている「三角フェンス」を採用しました。

斜面の足場設置状況1
斜面の足場設置状況2

2013年9月13日 三角フェンスのアンカーを設置するため、足場の設置を始めました。

2013年10月4日 足場が組み上がる状況です。

足場の解体状況
三角フェンスの組み立て状況

2013年11月6日 アンカーの設置が完了し、足場の解体を進める状況です。

2013年11月15日 斜面右側から三角フェンスを組み立てる状況です。

最上段の三角フェンスの設置完了
最上段の足場の撤去完了

2013年11月28日 最上段の三角フェンスの設置が完了しました。

2013年12月6日 最上段の足場の撤去が完了し、全容が見えてきました。

2013年12月18日 降雪前に最上段の設置を完了することができました。

使用機械・資材

モノレールの写真
足場の写真

3条式モノレールで、資材を運搬しました。

斜面に設置した足場の状況です。

ボーリングマシンの写真
三角フェンスの近景写真

アンカーの削孔には、ボーリングマシンを使用しました。

三角フェンスを設置している状況です。

三角フェンスの近景写真2
三角フェンスの近景写真3

安全第一に作業を行います。

皆様が安全・安心に暮らせるように、今後も工事を進めて参ります。