このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の【南魚沼・湯沢の魅力】 南魚沼市、湯沢町の自然・景観に関する観光情報 《体験記あり》
本文はここから

【南魚沼・湯沢の魅力】 南魚沼市、湯沢町の自然・景観に関する観光情報 《体験記あり》


 南魚沼地域(南魚沼市、湯沢町)には、歴史に彩られた名所・旧跡、恵まれた自然・景観、レジャー・温泉など楽しい観光スポットがたくさんあります。
また、豊かな自然から生まれるおいしい食べ物・お酒も大きな魅力のひとつ。
 地域で行われるイベントも全国的に有名なものから地域の方々に親しまれてきたイベントまで色とりどり!
 
 ぜひ「南魚沼・湯沢の魅力」を体感しに、足を運んでみませんか?

山・渓流・渓谷・河川公園(1/2ページ目)施設名をクリックすると体験記をご覧になれます

 裏巻機渓谷は、トレッキングをしながら豊かな自然を楽しめるスポットで、魚野川の支流である「五十沢川(いかさわがわ)」に沿っており、トレッキングコースとしても親しまれています。

 発電所自体がミュージアムを兼ねていて、実物の設備を間近に見ることができる貴重な施設です。

 “OKKY“とは奥清津発電所の愛称で、敷地内には二居(ふたい)ダムのほか、発電所についての展示ルームや体験施設を併せ持ったミュージアム、屋外には緑豊かな広場等を有していて、幅広い世代で楽しみながら発電について学ぶことができます。

 坂戸山は、坂戸城のあった場所として、南魚沼市民とりわけ六日町地域の人たちのシンボル的存在です。
 急登ではあるものの、登山道の薬師尾根コースは良く整備されており、1時間程度で登頂できます。カタクリの群落は壮大で、春には多くの登山者が花を求めてやってきます。

 越後三山に源を発して、魚野川と合流し、さらに大河信濃川へとつながる川で、付近には十字峡親水公園や三国川ダムなどがあります。

「東洋のマッターホルン」とも言われる名峰「大源太山」(標高1598m)を背後にかまえる「大源太キャニオン」。
 大源太湖一帯は、景勝地「大源太キャニオン」として地元の人をはじめ、県外のリピーターからも親しまれています。
 キャンプ場エリア、大源太湖エリア、花の郷エリアの3つのエリアに分けられており、各エリアではバーベキュー体験工房、自然散策などそれぞれに違った楽しみ方で訪問客を迎え入れてくれます。

谷川連峰最高峰の仙ノ倉山(2026メートル)と第2位の標高を持つ山(1984メートル)で、「花の百名山」の一つに選ばれており、山頂近くや仙ノ倉山へと続くゆるやかな山稜のお花畑がすばらしいです。
 平標山登山口の駐車場は国道17号から至近であり、高山の雰囲気を味わえる山頂まで比較的容易に登れることから人気が高い山です。