このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の【南魚沼・湯沢の魅力】苗場山(なえばさん)
本文はここから

【南魚沼・湯沢の魅力】苗場山(なえばさん)


「日本の百名山」「花の百名山」に選ばれ、約4キロメートル四方の広く平坦な頂上と、そこに広がる湿原が魅力の苗場山をご紹介します。
歩行時間登り約4時間15分。下り約3時間15分。(山頂の散策時間を含みません。) 

苗場山(なえばさん)祓川(はらいがわ)コース

紅葉シーズンの週末だけあって、かぐらみつまたスキー場内の駐車場は、全国各地から訪れた車で混雑していました。

正面がトイレ。清潔でした。

正面がトイレ。清潔でした。

祓川コースの全体図。

祓川コースの全体図。

スキー場のゲレンデを歩くこと約20分で和田小屋に到着。ここが五合目。標高1,380メートル。

山頂を目指して更にゲレンデ内を進みます。

山頂を目指して更にゲレンデ内を進みます。

和田小屋を振り返る。和田小屋は中央の茶色の建物。
樹林帯を抜けて最初の草原である「下ノ芝」。

和田小屋を振り返る。和田小屋は中央の茶色の建物。

樹林帯を抜けて最初の草原である「下ノ芝」。

しばらく進んで「中ノ芝」。
そして「上ノ芝」を俯瞰。

しばらく進んで「中ノ芝」。

そして「上ノ芝」を俯瞰。

日本最大級の揚水発電所(160万KW)である奥清津発電所の上部調整池であるカッサ湖が左手中央に見えます。エメラルドグリーンが美しい。

下山時の写真です(登りは曇っていてよく見えませんでした)。

下山時の写真です(登りは曇っていてよく見えませんでした)。

神楽ヶ峰(八合目)に到着。
神楽ヶ峰を過ぎたところから仰ぎ見るも、山頂はガスの中でした。

神楽ヶ峰(八合目)に到着。

神楽ヶ峰を過ぎたところから仰ぎ見るも、山頂はガスの中でした。

一旦大きく下った鞍部に湧き出る雷清水。ここで水を補給。最低鞍部付近は大きく切れ落ちているところもあるので注意が必要です。

道標は非常によく整備されています。

道標は非常によく整備されています。

登り返して「雲尾坂」。ここからはかなりの急登となります。
山頂へは写真中央のドーム状の山を登っていきます。

登り返して「雲尾坂」。ここからはかなりの急登となります。

山頂へは写真中央のドーム状の山を登っていきます。

登ったのは10月13日でしたが、一時的な冬型の気圧配置だったため、前日の雨が氷になっていました。

北風もあり相当寒し。

北風もあり相当寒し。

それなりにスリリングです。

最後の急登の途中から来た道を振り返る。

それなりにスリリングです。

いきなり頂上台地に出ると、景色が一変します。

残念ながらガスの中でした。

残念ながらガスの中でした。

左は赤湯方面へと続く木道。苗場山山頂は右側の木道を進みます。

左は赤湯方面へと続く木道。苗場山山頂は右側の木道を進みます。

苗場山山頂。

岡山県から来たという単独行の方と世間話をしているうちに、人物が入っていない山頂の写真を撮り忘れました。

岡山県から来たという単独行の方と世間話をしているうちに、人物が入っていない山頂の写真を撮り忘れました。

宿泊は要予約となっていました。

営業中の苗場山山頂ヒュッテもガスの中。

宿泊は要予約となっていました。

「頂上湿原散策を」と思い、秋山郷方面に進むと…。

なんとガスが晴れてきました。

なんとガスが晴れてきました。

左上の木立が苗場山神社。

強い北風を避けるため赤倉山方面に少し入った苗場山神社の下で休憩。

左上の木立が苗場山神社。

リンドウ。心が和みます。

リンドウ。心が和みます。

登山道は中央の尾根筋

湿原散策を終えて下山。神楽ヶ峰(八合目)から仰ぎ見た苗場山の山頂。

登山道は中央の尾根筋。

アクセスなど

○アクセス:関越自動車道湯沢ICから車で約30分
○駐車場:(かぐらみつまたスキー場第2リフト町営駐車場)約30台(無料)

なお、掲載内容については正確を期すよう努めていますが、限られた時間での取材であるため、不十分な点がある場合もあります。ご容赦願います。

登山日は、平成25年10月13日。苗場山は標高2,100メートルを超え、山頂近くの登山者は寒さで震えていました。くれぐれもご注意ください。

【変更履歴 2013年11月7日掲載、2015年6月24日問い合わせ先、2018年3月28日レイアウト等修正】

問い合わせ先

湯沢町産業観光部観光商工課 TEL025-784-4850