このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の【南魚沼・湯沢の魅力】巻機山(まきはたやま)
本文はここから

【南魚沼・湯沢の魅力】巻機山(まきはたやま)


かつて機織りが盛んだったころの魚沼の人々は、巻機山(1967m)を機織りの守護神として生業の支えにしてきました。
広大な草原と池塘が優美な景観を織りなす巻機山と牛ケ岳。
巻機山は、日本百名山の一つにも選ばれています。
歩行時間登り約4時間30分。下り約3時間30分。
 

巻機山(まきはたやま) 井戸尾根コース~牛ケ岳(うしがたけ)

桜坂駐車場の登山口

清水集落奥の桜坂駐車場(有料)から入山。 

桜坂駐車場の登山口

ブナ林の中、五合目を目指します。

密生したブナ林

密生したブナ林

左上の岩峰が天狗岩。右奥のピークは割引岳。中央はヌクビ沢。

六合目近くからの展望。

左上の岩峰が天狗岩。右奥のピークは割引岳。中央はヌクビ沢。

八合目付近、登山者の踏みつけで拡大したガレ場。植生復元中です。

八合目付近、登山者の踏みつけで拡大したガレ場。植生復元中です

ニセ巻機山(九合目)。

ニセ巻機山(九合目)。

ここからいよいよ巻機山を象徴するなだらかな斜面へ入っていきます。
初めて本峰と御対面。

右のなだらかなピークが巻機山。左は割引岳。

右のなだらかなピークが巻機山。左は割引岳。

中央右側に見えるのが避難小屋。

ニセ巻機山を振り返る。

中央右側に見えるのが避難小屋。

ボランティアにより復元された竜王ノ池。 

地塘(ちとう)竜王ノ池

地塘(ちとう)竜王ノ池

巻機山頂までもう一息。振り返ると竜王ノ池は眼下に。

巻機山頂までもう一息。振り返ると竜王ノ池は眼下に。

御機屋(おはたや)と呼ばれる稜線上に出ました。
巻機山頂の道標がありますが、最高点は右(牛ケ岳方面)に約15分行ったところ。

右に約40分行くと牛ケ岳。左に約30分行くと割引岳。

右に約40分行くと牛ケ岳。左に約30分行くと割引岳。

なだらかな稜線が続く。

巻機山最高点を目指して緑のジュウタンを敷き詰めたような草原を進みます。

なだらかな稜線が続く。

巻機山最高点近くの石積み。

巻機山最高点近くの石積み。

中央の台形状の山が牛ケ岳。

牛ケ岳を目指して楽しい尾根歩きが続きます。

中央の台形状の山が牛ケ岳。

9月下旬でも雪が残ります。

右上に小さく見えるのが奥利根湖。

右上に小さく見えるのが奥利根湖。

牛ケ岳の三角点。来た道(巻機山方面)を振り返る。

牛ケ岳の三角点。来た道(巻機山方面)を振り返る。

牛ケ岳から北東方向を望む。

中央奥の山並みが越後三山。

中央奥の山並みが越後三山。

アクセスなど

○所在地:南魚沼市清水
○アクセス:関越自動車道石打塩沢ICから車で約30分
JR上越線六日町駅から路線バスで約30分
○駐車場:桜坂駐車場(有料) 約50台

このページをご覧になって「巻機山」に行ってみたい、愛着をもったという方はコチラをクリックしてください。(ページの掲載効果を調査しています。ご協力をお願いします。)

なお、掲載内容については正確を期すよう努めていますが、限られた時間での取材であるため、不十分な点がある場合もあります。ご容赦ください。

ご利用の詳細については下記にお問い合わせください。

問い合わせ先

南魚沼市商工観光課 電話025-773-6665

【変更履歴 2013年10月10日掲載、2018年3月28日アクセス時間、レイアウト等変更】