このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の観光・イベントの中の【南魚沼の魅力】上田の郷
本文はここから

【南魚沼の魅力】上田の郷

2014年07月14日
新潟県ホームの中の南魚沼地域振興局トップページの中の南魚沼の魅力の中の上田の郷
越後上田には昔が生きている。“いなか体験村”「上田の郷」を紹介します。

上田の郷とは


 上田の郷は近隣の農園やキノコ生産者ら9名が立ち上げた農業生産法人で、現在の建屋は平成15年12月に完成し、今年で10周年を迎えます。当時、農園観光に来られた方が利用する十分な休憩施設が無かったため、交流拠点施設として整備されました。建物は木造建築で、一歩足を踏み入れると、太い柱と梁、高い天井で、まるで“いなか”に来たような、どこか懐かしい感じがします。

上田の郷

落ち着いた雰囲気の施設内

いなか体験



 上田の郷の魅力はなんと言っても“いなか体験”です。体験できるメニューは、全部で10種類と大変豊富です。上田の郷には、新潟県知事から“なりわいの匠”として認定された達人が8人所属しており、各分野のスペシャリストから、達人技を学ぶことができます。
なりわいの匠一覧(上田の郷分)(PDF形式  33 キロバイト)


 数ある体験メニューの中でも人気なのが、そば打ち体験です。そば粉は、栽培から製粉まで全て上田の郷で行った自家製です。強力粉とそば粉を2:8の割合で混ぜ、つなぎには布海苔を使用します。約30分の体験メニューで、自分で打ったそばをその場で食べることが出来ます。体験者からは、コシが強くて大変美味しいと評判です。

そば粉、強力粉、布海苔をこねる

生地を伸ばす

生地を切る

出来上がり!



 夏季(7月~9月)は地場野菜の収穫体験ができます。施設周辺の畑では、地場野菜のかぐら南蛮をはじめ、新鮮な野菜がたくさん栽培されています。魚沼の大自然の中、きれいな水と空気で育った野菜をご自身で収穫すれば、その味も格別です!
 ※収穫物はグラム販売なので、採り過ぎにはご注意下さい。

かぐら南蛮

ミニトマト

コリンキー(生食用かぼちゃ)

なす



 他にも、日本一美味しい“魚沼コシヒカリ”の田植え・収穫、ぬか釜炊き体験や、豊富な雪を活かしたかまくら体験など一年を通じて楽しめる体験メニューが盛りだくさんです。

稲刈り体験

かまくら体験

いなか食堂


 上田の郷には、自家製の魚沼コシヒカリやそばを味わうことが出来る“いなか食堂”があります。地場野菜をふんだんに使った田舎の味を楽しむことが出来ます。一番のお勧めは天ざるに小鉢が付いた“巻機山”とのこと。コシの強いそばと、地場野菜の天ぷら、煮物や漬け物を味わえます。この他、南魚沼名物の“きりざい丼”もお勧めです。大葉やかぐら南蛮味噌が入っているので食が進み、夏バテ対策にぴったりです。

巻機山

コシのある蕎麦

きりざい丼

大葉、かぐら南蛮入り

この看板が目印

なりわいの匠達

アクセス

○所在地:南魚沼市長崎  

○アクセス:関越自動車道塩沢石打ICから車で約10分
        JR上越線塩沢駅から車で約10分

○料金:そば打ち体験(2名様より受付)お一人様1,500円等 各種体験有

○駐車場:無料 普通車約20台

○営業時間:午前10時~午後4時(閉店時間はご予約に合わせて午後9時まで延長可)

○定休日:水曜日

○問い合わせ先:(有)上田の郷 電話025-782-1197
 なお、掲載内容については正確を期すよう努めていますが、限られた時間での取材であるため、不十分な点がある場合もあります。
 また、ご利用の詳細につきましては直接、施設管理者へお問い合わせください。

問い合わせ先:(有)上田の郷 電話025-782-1197

【変更履歴 2014年7月14日掲載】