このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の観光・イベントの中の【南魚沼の魅力】織の文化館・塩沢つむぎ記念館
本文はここから

【南魚沼の魅力】織の文化館・塩沢つむぎ記念館

2014年06月04日
新潟県ホームの中の南魚沼地域振興局トップページの中の南魚沼の魅力の中の「織の文化館・塩沢つむぎ記念館」
 約1,200年前から伝わるといわれる「塩沢の織物」。
 その素材や織機、伝統工芸織物作品が展示され、織物に関わる技術や知識を、聞いて、見て触れて、体験できる織の文化館・塩沢つむぎ記念館をご紹介します。

 ここは、株式会社南雲織物工場がたくさんの人から織物について知ってもらうために設置運営する民間の記念館です。
 基本的に予約の必要はありませんが、人数が多い場合は、電話で確認してください。

織の文化館・塩沢つむぎ記念館の看板

 館長の南雲さんに案内され、2階に上がると織機が整然と並んでいます。
 ここでは、この織機を使った機織り体験や織物を使った織物アート体験ができます。
 また、「塩沢の織物」ができる工程をご覧いただけます。

館長の南雲さん

 文化催事、手織り体験冬の陣・夏の陣・つむぎ語りリレー・繭雛人形作り体験などが毎月企画され、四季折々の織の文化を体験することができます。

 イベントのひとつである”つむぎ語り”リレー昨年10月の第6回では、1道1都1府11県から244人が77日間かけて、長さ5m42cm、巾38cmの「本場塩沢紬」横段柄の作品を織り上げています。

”つむぎ語り”リレー作品

 織機を操作して布を織ることができる機織り体験コーナーには、次の三つのコースがあります。
 手織り体験コースは横糸を繰り返し通して布を織ります。
 綴(つづり)織り体験コースは、横糸の他にすくい糸を使って布に柄を入れて織ります。
 裂(さき)織り体験コースは、横糸の代わりに5ミリメートルの幅に裂いた布を使って織っていきます。
 このほかコースター織りも実費で体験できます。

織機

塩沢紬(しおざわつむぎ)

<越後上布>
 奈良県の正倉院に保存されている越後上布は、約1,200年前に塩沢で織られたものと言われています。
 原材料は麻の一種である苧麻(ちょま)で、平織(ひらおり)※の麻織物です。
 ※平織:横糸に撚りをかけず、シボ(布の表面にできる「皺(しわ)」)がない織物

 越後上布は①糸は手紡ぎの苧麻糸のみを使い、②かすりの柄付けを手括りで行い、③居座機(いざりばた)で織り、④湯もみ、足もみをし、⑤雪晒しで晒しをします。

越後上布

<本塩沢>
 約350年前からの技術で、生糸を使用し横糸に強い撚りをかけるため仕上がりにシボ※が立つ、特徴ある絹織物です。シボができるため、サラリとした肌ざわりの着物に仕上がります。
 ※シボ:布の表面にできる「皺(しわ)」。

<塩沢紬>
 約250年前からの技術で、原料に生糸や2匹以上の蚕がつくった一つの繭からとった玉糸に真綿手紡糸を用い、特有の柔らかさをもつ絹織物です。

<夏塩沢>
 約100年前からの技術で、原料には生糸に強い撚りをかけた糸を使います。縦糸にも撚りをかけているため、本塩沢以上にシボが立ちとても涼しさを感じる夏に向く絹織物です。 

左から夏塩沢、塩沢紬、本塩沢です。

 上布は糸も繊細で、乾燥していては織ることができず、冬に2~3か月の期間をかけて反物を織り上げます。手間のかかる仕事の連続です。
 
 値段も1反当たり120万円から230万円のものが展示されていました。ただ、糸が太くなるにしたがい、中布、准布とランクがかわり、価格もお手頃になるそうです。

居座機(いざりばた)です。

本物の苧麻(ちょま)を栽培中です。

生きた蚕がいます。繭の展示もあります。

染織資料室に塩沢の織物の歴史が濃縮

 この染織資料室には、伝統工芸織物作品集として古くからの作品のサンプルが所狭しと保存されており、各年代の柄を見ることができます。

 自分史年表と塩沢織物の歴史を見比べて楽しめます。

伝統工芸織物作品集の表紙です。

作品の様子です。

塩沢紬を使った工芸品

 塩沢紬を着物として楽しむだけでなく、小物類に使ってかわいいアクセサリーとして織物をたのしむこともできます。

コマやキーホルダー、ネクタイピンなどの小物

 また、切り取られたパーツをご自身で貼り付ける「貼り絵」も楽しめます。できあがった貼り絵を額に入れるととてもかわいらしい作品にできあがります。

貼り絵セットはお手軽に楽しめ、見栄えもします。

 1階の小物づくり体験コーナーで「塩沢の織物」を使ってオリジナルの小物づくりを体験できます。万華鏡をつくってみませんか?

うちわや扇子などの小物が並びます。

 塩沢の織物について聞いて、見て触れて、体験したあとで、実際に買うこともできます。本塩沢、塩沢紬、夏塩沢など価値のある織物が展示されています。

販売用に展示されている織物です。

アクセス等

○所在地:南魚沼市塩沢1227-14
○アクセス:関越自動車道塩沢石打IC、六日町ICより車で10分
       JR上越線塩沢駅より徒歩3分
○料金:1階 展示・販売場(入場無料)織物アート体験コーナー(実費)
     2階 織工房(大人200円、小児100円)、機織り体験コーナー(実費)
○開館時間:午前9時から午後5時
○駐車場:8台(近隣にも無料駐車場があります。)
○問い合わせ先:塩沢つむぎ記念館 TEL025-782-4888
 なお、掲載内容については正確を期すよう努めていますが、ご利用の詳細については管理者(下記問い合わせ先)にお問い合わせください。

問い合わせ先:塩沢つむぎ記念館 TEL025-782-4888