このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の観光・イベントの中の【南魚沼の魅力】「雪国館」湯沢町歴史民俗資料館
本文はここから

【南魚沼の魅力】「雪国館」湯沢町歴史民俗資料館

2016年08月10日
新潟県ホームの中の南魚沼地域振興局トップページの中の南魚沼の魅力の中の「雪国館」湯沢町歴史民俗資料館
 「雪国」湯沢の暮らしに関わる道具や、川端康成の小説「雪国」に因んだ品々が展示されている、「雪国館」湯沢町歴史民俗資料館をご紹介します。


 こちらはJR越後湯沢駅西口から徒歩7分。おみやげ屋さんや旅館が並ぶ、温泉通りにあります。
隣には無料の足湯「かんなっくり」もあります。

温泉に入った後やおみやげ屋巡りの間でも、気軽に立ち寄ることができる好立地

温泉に入った後やおみやげ屋巡りの間でも、気軽に立ち寄ることができる好立地

工夫あふれる、雪国の暮らし【2階 雪国の住生活コーナー】

 移築された茶の間には、様々な道具が展示されています


 受付のある2階には、民家の茶の間が移築されています。明治~昭和初期頃までの昔懐かしい家具や道具が展示されています。
 こちらの茶の間には靴を脱いであがることができ、先人の知恵が生きた道具を間近に見ることができます。
 多くの道具が、木やワラ等を使って作られており、その使い方などが紹介されています。

移築された茶の間には、様々な道具が展示されています

右から、赤ちゃんを入れた「ワラつぐら」、まんなかが「飯つぐら」、左が「ねこつぐら」
縄ない機 縄を編む道具で大きさは2メートルほど

右から、赤ちゃんを入れた「ワラつぐら」、まんなかが「飯つぐら」、左が「ねこつぐら」

縄ない機 縄を編む道具で大きさは2メートルほど

道具から見える、雪国の四季【3階 湯沢町歴史民俗コーナー】

「春」の展示物が集められたコーナー 田植えの道具が揃っています


 3階の民俗コーナーでは、数多くの道具が四季毎に分けられ展示されています。
 例えば、田植えの始まる春のコーナーには、苗を一列に植えるために、田んぼの中で転がして線をつける田植え枠と呼ばれる道具や、鍬やすきなどが、夏のコーナーには養蚕や機織りのための道具、秋のコーナーには収穫や脱穀の道具等が展示されています。
 全てが手作業で行われていた時代の苦労や知恵をうかがうことができます。

「春」の展示物が集められたコーナー 田植えの道具が揃っています

夏のコーナー まぶしと呼ばれる養蚕の道具
秋のコーナー 千歯こきと呼ばれる脱穀に使われる道具

夏のコーナー まぶしと呼ばれる養蚕の道具

秋のコーナー 千歯こきと呼ばれる脱穀に使われる道具

雪と共に生きる 雪国の冬の暮らし

「冬」の道具が集められたコーナー ソリやスキー等


 冬のコーナーでは、雪と共に暮らす、まさに雪国の知恵のつまった雪国ならではと言える道具が展示されています。
 荷物を運ぶための大きなソリや、今の時代では考えられないほど長くて重たい木製のスキー等が展示されています。

 2011年にはレルヒ少佐から、日本にスキーが伝えられてちょうど100年ということで、スキー場の多い湯沢町でも多くのイベントが開催されました。そんな伝来当初のスキーや、レルヒ少佐のスキーをする様子が映った写真なども展示されています。

「冬」の道具が集められたコーナー ソリやスキー等

木で作られたスキー
スキー伝来当時の写真

木で作られたスキー

スキー伝来当時の写真

小説「雪国」の世界を感じる【1階 小説「雪国」の世界】

川端康成が実際に使用していた品々


 1階では川端康成の小説「雪国」に関する日本画14点や、川端康成が実際に着用していた着物や文房具など、「雪国」に関する品々が展示されています。

 さらに、小説「雪国」のヒロインである駒子の部屋が再現されているスペースでは、窓の外を望む駒子が、実際に目の前にいるかのようです。全ての展示物を見終わる頃には、皆さんすっかり小説「雪国」の世界へ浸っているのではないでしょうか。

川端康成が実際に使用していた品々

「雪国」日本画の世界
駒子の部屋

「雪国」日本画の世界

駒子の部屋

アクセス等

○所在地:南魚沼郡湯沢町湯沢354-1

○アクセス:JR上越線越後湯沢駅から徒歩約7分
        関越自動車道湯沢ICから車で約5分

○入館料:大人500円、子供 250円 ※15名以上で団体割引あり

○開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

○休館日:毎週水曜日

○駐車場:あり

○問い合わせ先:「雪国館」湯沢町歴史民俗資料館 
        電話 025-784-3965
  なお、掲載内容については正確を期すよう努めていますが、ご利用の詳細については管理者(下記問い合わせ先)にお問い合わせください。

○問い合わせ先:「雪国館」湯沢町歴史民俗資料館 
        電話 025-784-3965

【変更履歴 2014年10月2日、2015年7月21日外観、つぐら画像差し替えなど、2016年8月10日アクセス等変更】