このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の観光・イベントの中の【南魚沼の魅力】銭淵公園(ぜにぶちこうえん)
本文はここから

【南魚沼の魅力】銭淵公園(ぜにぶちこうえん)

2014年07月03日
新潟県ホームの中の南魚沼地域振興局トップページの中の南魚沼の魅力の中の銭淵公園


 南魚沼地域にある庭園風の公園「銭淵公園」をご紹介します。
 この公園は、平成8年に町営公園(現在は市営)として整備されました。

 石張りのお堀を越えて中に入ると、四季折々の花が迎えてくれます。
 中央に池を配した園内には、遊歩道や芝生広場などがあり、休日は親子連れなどでにぎわいます。

趣ある橋

公園内を散策



 銭淵公園は、上杉景勝、直江兼続主従が幼少を過ごした坂戸城が築かれていた坂戸山の麓にあります。
 公園内は橋や池、休憩所などがあり、日本庭園風に整備されています。

坂戸山を借景にしています

地図を参考に公園を散策してみましょう。

喜平次(のちの上杉景勝)と与六(のちの直江兼続)の像です。



 池の周りを一巡できる遊歩道には美しい四季折々の花が咲いており、見る人の目を楽しませます。ところどころにリラックスできる環境が整えられており、散歩やジョギングにうってつけです。

色とりどりの花



 また、柔らかな芝生が広がっているため、休日には子どもの遊び場として活躍しています。芝生は大人がゆっくりしても余るほどのスペースがいくつもあり、ベンチも設置されていることから、親子でピクニックに利用してみてはいかがでしょうか。

広々とした芝生広場

銭淵の歴史



 長尾政景や上杉景勝、直江兼続の居城として名高い坂戸城。
 この坂戸城の外堀となっていた魚野川が、坂戸山裾とぶつかり、大きく蛇行し渦巻いたところが現在の「銭淵」と呼ばれる地になっています。
 この地は、長尾政景が存命の頃には「野田尻ヶ淵」もしくは「野尻池」と呼ばれていました。

銭淵



 坂戸城主で上杉景勝の実父である長尾政景が溺死したのは、この地だったという説もあります。
 政景の亡き後、供養のため参詣に集まった人々がこの淵に六道銭を捧げたと伝えられており、そのことが「銭淵」の名前の由来となっています。
 この銭淵公園では豊かな自然だけでなく、南魚沼の歴史や文化にも触れることができます。

鴨も泳いでいます

直江兼続公伝世館


 2009年1月、直江兼続の生家をイメージして古民家を移築した資料館が公園内にオープンしました。
 資料館内では甲冑や槍、古文書、戦国時代の生活様式がわかる家財道具などを展示しています。
 展示品以外でも、古民家ならではの長さ12mもの太い梁や柱、細部にわたる見事な細工の欄間なども見所です。

伝世館の外観

四季折々の花が楽しめる銭淵公園

 春には満開の桜や水芭蕉、梅雨時にはあじさいの花、そして夏には青々と茂る夏草を、秋には坂戸山の紅葉を楽しむことができ、訪れる時期によって様々な花を観賞することができます。

 また、銭淵公園やその他周辺施設は、県民の健康づくり推進のために作成された県の健康ウォーキングロードに指定されています。ホームページのコースを参考に、五感で季節を感じながら運動習慣を身につけてみてはいかがでしょうか。

ソメイヨシノ

しだれ桜

芝桜

あじさい


 また、入口の銭淵公園駐車場では5月~10月の日曜の6時より六日町温泉朝市を開催しています。生産者直売の取れたて野菜や手作りのちまき、笹団子などがたくさん売られます。
 春は山菜、秋は新米などその時々の旬の野菜も手に入るこの朝市、ぜひ訪れてみてください。

アクセスなど

○所在地:南魚沼市坂戸  

○アクセス 関越自動車道六日町ICから車で約5分
        JR上越線六日町駅から車で約5分

○駐車場:90台

○問い合わせ先:南魚沼市都市計画課 電話025-773-6662
 なお、掲載内容については正確を期すよう努めていますが、限られた時間での取材であるため、不十分な点がある場合もあります。ご容赦ください。

ご利用の詳細については管理者(下記問い合わせ先)にお問い合わせください。
問い合わせ先:南魚沼市都市計画課 電話025-773-6662

【変更履歴 2014年7月3日修正】




この記事は、2010年11月4日に掲載されたものを元に、加筆修正しています。