このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の観光・イベントの中の【南魚沼の魅力】八海山ロープウェー
本文はここから

【南魚沼の魅力】八海山ロープウェー

2016年07月20日
新潟県ホームの中の南魚沼地域振興局トップページの中の南魚沼の魅力の中の八海山ロープウェー
 南魚沼の紅葉の名所として知られる八海山ロープウェーをご紹介します。
 紅葉の名所というと、景観を楽しむだけと思われるかもしれません。もちろん、秋の澄み切った青空と真っ赤に色づく山のコントラストは、見るだけで心を和ませてくれます。
 しかし、八海山の魅力はそれだけではないのです。八海山のもう一つの顔・・・それは・・・体感する山、八海山!
です。
 今回は、八海山を全身で体感して、その魅力をお伝えします。

八海山の高さを体感する!八海山ロープウェー



 八海山ロープウェーは、標高376mにある山麓駅から標高1,147mにある山頂駅まで時速約36kmで一気に登ることができます。所要時間わずか5~7分で周りの景色が一変します。

八海山ロープウェー山麓駅から望む山頂駅



 見上げていた山々は足下に、さらに下には、南魚沼地域の全貌。
 遠くをみつめれば、雲の上に頭を出す山々。一気に登った分だけ、八海山の標高の高さを実感できます。でも、山頂駅といっても標高1,778mある八海山の4合目。八海山山頂を見上げれば、八海山の雄大さをさらに感じることができます。

八海山ロープウェー山頂駅から望む景色

見上げれば紅葉!見下ろしても紅葉!



 足場が不安定な山道は、ついつい足下ばかり見てしまいます。でも、休憩のついでに木陰でちょっと空を見上げてみましょう。そこには、真っ青な空に真っ赤に映える葉っぱが疲れをいやしてくれます。

青空に映える紅葉



 また、山頂を目指し、前を見て歩くのもいいのですが、少し立ち止まって振り返ってみましょう。木々の間から今まで歩いてきた道が美しく色づいている様子が見ることができます。さらなる絶景を求めて、足取りが軽くなります。

6合目付近から見た漕池(こぎいけ)周辺の紅葉

発見!?南魚沼産コシヒカリおにぎりにあう具!!

 登山のお弁当と言えば、やっぱりおにぎり!八海山のある南魚沼は、有名なコシヒカリの産地です。さらに、紅葉のシーズンは、新米のシーズン!とくれば、八海山登山には、南魚沼産コシヒカリのおにぎりを持って行きたいものです。では、おにぎりの具は何にしましょう・・・そこで、八海山山頂で発見した(?)南魚沼産コシヒカリにあう具をいくつかご紹介します!!!

 一つ目の具は・・・山頂の澄んだ空気!
 南魚沼産コシヒカリを育む澄んだ南魚沼の空気、その中でも格別に澄んだ八海山山頂の空気は、おにぎりの風味をさらに高めてくれるでしょう。

南魚沼産コシヒカリのおにぎり~八海山山頂の空気とともに~


 二つ目の具は・・・家族や仲間の笑顔!
 南魚沼産コシヒカリのおにぎりは、一人で食べてももちろんおいしいのですが、励ましあい、語り合いながら、登山した家族や仲間とおいしいおにぎりを食べれば、疲れは半減、おいしさは倍増です。
 ぜひぜひ、お家族、お友達をお誘いあわせの上、八海山にお越しください。

南魚沼産コシヒカリのおにぎり~仲間の笑顔を添えて~

 三つ目の具は・・・空腹!
 これこそ、山頂名物!説明不要!山頂まで、がんばって歩いたからこそ得られる具なのです!思う存分、おにぎりにかぶりついてください!
 さあ、南魚沼産コシヒカリのおにぎりを持って、八海山に登頂しましょう。

南魚沼産コシヒカリのおにぎり~空腹のスパイス和え~

天地人に思いを馳せる!



 八海山山頂は、地蔵岳、不動岳、七曜岳、白河岳、釈迦岳、摩利支岳、剣ヶ峰、大日岳という8つの岩峰、通称「八ッ峰」で構成されています。
 

地蔵岳で思いを馳せる



 そのうちの地蔵岳はNHKの大河ドラマ「天地人」のオープニング映像で使用されました。広がる大空と大地に挟まれたこの場所で、郷土を愛しそこに住む人々を愛した直江兼続に思いを馳せてはいかがでしょうか。

地蔵岳から望む大地と大空

最後は、味わう八海山!


 「八海山」と聞くと、「山」よりも「お酒」をイメージされる方も多いのではないでしょうか?
全国的にも知名度のある地酒「八海山」。
秋の山の夕方、かなり冷え込みます。登山で疲れて冷え切った体を銘酒「八海山」でいやしてみるのも粋です。
南魚沼には、ほかにもおいしい地酒やワインがたくさんあるので、この機会に試してみてはいかがでしょう。

夕方のロープウェー

登山の準備は、しっかり!楽しく!

 八海山山頂を目指すとすると、ロープウェーを利用しても1日かかります。登山の準備はしっかりしましょう。
 ただ、めんどうな準備、どうせするなら、楽しみましょう。遠足を思い出して、ポケットサイズのしおりをつくるのもいいのではないでしょうか。
 しおりには、集合時間や持ち物、登山道の地図も忘れずに載せましょう。

登山のしおり

 ちなみに今回の私たちの登山日程は以下のとおりです。
  9:00 八海山ロープウェー(山麓駅)発
  9:30 八海山ロープウェー(山頂駅)から登山開始
 11:00 女人堂(にょにんどう)
 12:00 千本檜小屋(せんぼんひのきごや)
       昼食、体力に自信のある方は八ツ峰方面へ
 14:00 下山開始
 16:00 八海山ロープウェー(山頂駅)発
 16:30 八海山ロープウェー(山麓駅)着

 紅葉シーズンは、八海山ロープウェーはかなり混雑して、乗るまでにかなり時間がかかる場合もあります。私たちも下山の際、かなり時間がかかり、山麓駅に着いたのは17時を過ぎてました。余裕を持ったプランをたてましょう。
 また、八海山には、いくつかの登山コースがあります。八海山トレッキングガイドを参考に、体力に合わせたルートを検討しましょう。
八海山ロープウェー
千本檜小屋

八海山ロープウェー

千本檜小屋

アクセスなど

○所在地:南魚沼市山口  

○アクセス 関越自動車道六日町ICから車で約20分
        JR上越線六日町駅からバスで約30分

○駐車場:1,000台

○問い合わせ先:六日町八海山スキー場 電話025-775-3311
          
 なお、掲載内容については正確を期すよう努めていますが、限られた時間での取材であるため、不十分な点がある場合もあります。ご容赦ください。
ご利用の詳細については管理者(下記問い合わせ先)にお問い合わせください。
問い合わせ先:六日町八海山スキー場 電話025-775-3311

【変更履歴 2014年7月1日、2015年7月7日、2016年7月20日画像追加等修正】