このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の市町村・地域振興の中の【南魚沼】平成17年度地域振興戦略事業
本文はここから

【南魚沼】平成17年度地域振興戦略事業

2007年10月15日
新潟県ホームの中の南魚沼地域振興局トップページの中の【南魚沼】地域振興事業の中の【南魚沼】地域振興戦略事業の中の【南魚沼】平成17年度地域振興戦略事業

 南魚沼地域振興局が平成17年度に実施した10の事業について紹介します。

自然体験指導者養成事業

目的
 2千m級の山々に囲まれ自然環境に恵まれた当地域は首都圏から近く好条件にあることから、自然体験インストラクターを養成し、多様化している自然体験志向のニーズに応えられる体制を整える。

内容
 自然の中に生える山野草、昆虫及び動物などの自然を観光客に説明できる自然観察指導者の養成講座を開設しました。17年度は、16年度に実施できなかった春から秋にかけての自然について学ぶ講座を行いました。

体験型観光ネットワーク化調査研究事業

目的
 スキー中心の観光から脱却し、グリーンシーズンは稲作体験や自然体験など、冬期間はスキーと雪国体験などの体験型観光を推進するため体験交流施設等のネットワーク化を図り、首都圏からの観光客受け入れ態勢の整備を図る。

内容
 15年度事業で実施した「観光体験交流情報の発信事業」に登録した体験型観光実践者に対して、ネットワーク化への参画意志を調査するとともに、実践に意欲のある者及び適任者の掘り起こしを行い、それらの人達のネットワーク化の課題等を研究しました。 また、併せてネットワーク化後のコーディネート組織についても研究しました。

南魚沼郷土料理発掘・普及事業

目的
 南魚沼地方に昔から伝承されてきた郷土料理を再発掘し、栄養学的評価を加えて住民の健康づくりを進めるとともに、観光客へのもてなしを視点に郷土料理を積極的に提供し、「食」をセールスポイントとした首都圏との交流拡大を図る。

内容
 16年度は、南魚沼地方に昔から伝承されてきた郷土料理を農村地域を主体に発掘してきましたが、17年度は、新たに地域の関係団体の輪を広げ、料理集を集大成しました。

外国への雪国PR事業


目的
 近年の調査によると、アジア圏での日本における観光ニーズが「雪と温泉」にあることから、外国人自身が直接「雪と温泉」を体験して、自国に当地域の魅力をPRすることにより外国人観光客の増加に繋げる。

内容
 国際大学の中国人留学生から実際に温泉宿泊、スキー・ボード、かまくら遊びなどのモニターツアーをしてもらい、ワークショップを通して、外国人の視点から自国向けの創意あるPRパンフレットを作成しました。
 また、観光関連団体とモニターツアー参加留学生とで、外国人から見た当地域の印象、自国観光客受入の仕方などについて意見交換会を開催しました。

四季の南魚沼情報発信事業

目的
 南魚沼地域の観光イベントや自然・風景などを映像により発信・PRすることにより、ロケ誘致や観光客等交流人口の増加を図る。

内容
 南魚沼地域が映画ロケ地として魅力があることをPRできるように、また、管内の旅館・ホテルのロビーなどで放映するほか、首都圏で開催する観光イベント等で放映しPRできるように、15~16年度にかけて収集した南魚沼地域の観光イベントや自然・風景などの映像をDVDに編集しました。

農業体験型観光メニューの開発事業


目的
 体験交流施設「大源太」を始めとした交流施設で種まき・植え付けから収穫・食材加工までの体験メニューの充実を図り、体験交流者を拡大するための素材を検討する。

内容
 秋収穫が主体の「そば」については供給拡大のため夏そばの試作を、南魚沼地域でしか栽培されていない希少特産野菜「八ツ房なす」については試作実証を行いました。また、収穫物の食味検討を行い、最良のメニュー化を検討しました。

南魚沼の観光・交流を活性化するボランティアモデル事業


目的
 観光・交流活性化を図る民間ボランティアの活動を支援することにより、住民等の地域を大切にする機運の醸成を図り、観光客の顧客満足度を向上して交流人口を拡大する。

内容
 民間ボランティアを対象に、観光・交流活性化を目的としたソフト事業の計画を公募しました。採用された団体に事業を委託し、「清水と巻機山自然探勝ガイドマップ」が完成しました。
清水と巻機山 自然探勝ガイドマップ(外側 清水)(GIF形式  789 キロバイト)
清水と巻機山 自然探勝ガイドマップ(内側 巻機山)(GIF形式  903 キロバイト)

「食と緑の交流」拠点PR事業

目的
 魅力ある地域資源を活用した体験型交流や特産物販売、地域農業の特徴を活かした農産物の地産地消、さらには森林資源の有効利用等を図ることで、「食と緑の交流」を機軸とした総合的な交流人口の拡大を目指す。

内容
 都市と農村の交流を促進するため、旧塩沢町を中心とした交流協議会を組織し、地場産そばの活用や交流イベントのPR、交流調査などを実施しました。

観光・交流による地域活性化リーダー交流研修事業(三局合同事業)


目的
 魚沼地域振興局、南魚沼地域振興局、十日町地域振興局の三局が連携して、観光・体験交流をテーマにした地域づくりに取り組んでいる各局管内の人材が一同に会する研修会を行い、個々のスキルアップを図るとともに、三魚沼が連携する機運の醸成を図る。

内容
 観光・体験交流による地域活性化に取り組んでいる人を対象に、実践的なスキルアップ研修を3日間実施しました。研修は各局で1回づつ行いました。
 第1回 コミュニティビジネスの概要(魚沼地域振興局)
 第2回 先進地視察(十日町地域振興局)
 第3回 商品開発実習(南魚沼地域振興局)

地域FM放送局を活用した情報発信モデル事業

目的
 地域コミュニティFM局「FMゆきぐに」のネットワークを活用して、冬の南魚沼の魅力を伝えるCM等を首都圏でオンエアし、観光客の増加を図る。
 また、委員会を立ち上げ、CM等の作成から事業効果の評価までを行い、首都圏への情報発信の強化につなげる。

内容
 「FMゆきぐに」のネットワークを使い、首都圏の地域FM局5局より冬の南魚沼のCM等をオンエアし、魅力をPRしました。(スポットCMのほか、1分程度のイベント情報を生番組で紹介、プレゼントのご案内など)。
 また、市町の観光担当者、観光協会等と地域FM活用検討委員会を作り、CM等の内容及び聴取状況を把握する方法を検討し、事業効果の評価及び取りまとめまでを行いました。