このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の税金・収入証紙の中の【南魚沼・十日町】租税教室を開催しました
本文はここから

【南魚沼・十日町】租税教室を開催しました

2019年07月12日
 県では、税の役割や納税することの大切さを理解していただくため、国・市町村・関係団体等と協力して租税教室に取り組んでいます。

 南魚沼地域振興局県税部では、令和元年7月2日(火)に当県税部管内である十日町市の十日町中学校に講師を派遣し、2年生75名に税の仕組みや大切さを学んでもらいました。

主な内容

1 スライドを用いた講義

 職員がパワーポイントを用いて、クイズ形式で税金の種類や使われ方について講義しました。

2 租税教育用アニメビデオ「ご案内しますアナザーワールドへ」の上映

 あるサラリーマンが、「税金なんて無くなってしまえ」と思ったとたん、税金のない世界に迷い込んでしまいます。その世界では、税金を納める必要がない代わりに、警察や消防、義務教育が有料化されています。
 わたしたちがよりよい生活を送るために、暮らしの中でどれだけの税金が使われているか、考えるきっかけとなる内容です。

租税教室当日の様子

租税教室スタートです。

租税教室スタートです。みなさん、講師の話に熱心に耳を傾けてくれています。

国税、地方税の分類や納め方などを学びました。

国税、地方税の分類や納め方などを学びました。

どんな税金があるのか、みんなで考えました。

どんな税金があるのか、みんなで考えました。

受講後のアンケートより

〇税金がどのように集められているか知らなかったので知れてよかったです。税金がないと火事などのときに大変なんだなと思いました。税金なんてなければいいのにと思っていましたが、話を聞いて、ある方がいいなと思いました。

〇世界では税金がない国があるかもしれないけれど、日本のため地域のためになにができるかを考えて、税金に向き合っていきたい。

〇生まれたときは消費税5%だったけど、最近は8%にふえて、もうすぐ10%になるかもしれないから、少しつらいなと思っています。教育費のお金のけたがすごくて、勉強のありがたみを感じました。

〇「税さえなければ楽なのにー!」と思うこともあったけど、なきゃないで国民にたくさんの負担があることを知ることができました。税の大切さを改めて感じました。

〇まだ働いていなくて税金がない方がいいなんて思ったことはないけど話を聞いたりDVDを見たりして大変なことになるんだなと改めて思いました。