このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の【南魚沼】感染症発生情報(平成29年第28週速報版)※
本文はここから

【南魚沼】感染症発生情報(平成29年第28週速報版)※

2017年07月20日

南魚沼地域における平成29年第28週(7月10日~7月16日)の感染症発生状況をお知らせします。      

※速報版であり、公表日時点での情報です。今後、データが修正されることがあります。   


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆定点当たり報告数とは
定点当たり報告数とは、対象となる感染症について、
1週間に一つの定点からどのくらいの報告があったかを
表す数値で、すべての定点医療機関からの報告数を定点数
で割った値(1医療機関あたりの平均報告数)のことです。      

●5類感染症定点把握対象疾患(週報届出分)南魚沼保健所管内報告数( 83 キロバイト)

警報または注意報基準を超えた疾病

・手足口病:定点当たり報告数 5.50(警報基準5)             
                    



感染症トピックス(南魚沼地域)

■ 手足口病に注意しましょう。


南魚沼地域では定点医療機関からの定点当たり報告数が5.50でした。
国が示す警報基準5を超えています。
全県の定点当たり報告数も10.09と前の週に比べ増加しており、
全県に警報が発令されました。

例年、夏季に増える感染症であり、保育園等でも集団発生が見られること
から十分注意が必要です。


<手足口病の予防>
患者の口粘膜から出たウイルスを含む唾液による飛沫感染、便中のウイルスによる経口感染、
水疱内容物からの接触感染といった経路で感染します。
回復後も、便の中に長期間ウイルスが排出されます。感染しても発病せず、ウイルスを排出する人もいます。
感染予防のため、次のことに注意しましょう。
(1)食事の前、遊んだ後、トイレの後、帰宅後など、普段から石けんと流水による手洗いを行いましょう。
(2)オムツ等の処理の際は、排泄物が周囲につかないように注意し、処理後はしっかりと手を洗いましょう。
(3)タオルの共用は避けましょう。

手足口病について詳しくはこちら (PDF形式  140 キロバイト)
てあらい

社会福祉施設等における感染症集団発生情報

南魚沼地域の社会福祉施設等で発生者数が10名を超え報告のあった疾病
報告年月日 施設の種類 感染症の種別 主な症状
平成29年7月11日 保育園 手足口病 発熱(37~38℃台)、発疹
平成29年7月11日 保育園 風邪症状 発熱(38~39℃台)、咳、鼻水、咽頭炎

全数報告の感染症(南魚沼地域)

・2類感染症 結核 1件
・4類感染症 レジオネラ症 1件



※「新潟県感染症情報(週報速報版)」の公表ルールに則し、後天性免疫不全症候群の届出は当ホームページでは公表しません。

新潟県内の感染症情報

国内・海外の感染症情報

PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする