このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の【南魚沼】感染症発生情報(平成30年第24週速報版)※
本文はここから

【南魚沼】感染症発生情報(平成30年第24週速報版)※

2018年06月20日
 南魚沼地域における平成30年第24週(6月11日~6月17日)の感染症発生状況をお知らせします。

※速報版とは、公表日時点での情報です。今後、データが修正されることがあります。

◆定点当たり報告数とは
対象となる感染症について、
1週間に一つの定点からどのくらいの報告があったかを
表す数値で、すべての定点医療機関からの報告数を定点数
で割った値(1医療機関あたりの平均報告数)のことです。    

●5類感染症定点把握対象疾患(週報届出分)南魚沼保健所管内報告数(PDF形式  31 キロバイト)

感染症トピックス(南魚沼地域)

◆つつが虫病に注意しましょう。
新潟県内では、例年4月下旬から7月、11月に発生が集中しています。
農作業、庭仕事などで山林や草地などに入る時は、次のことに注意しましょう。

 ①長袖、長ズボン、長靴を着用し、肌をできるだけ出さないようにする。
 ②衣類を草むらに置いたり、草むらで休息や用便をしない。
 ③防虫スプレーを使用する。


 つつが虫病について、詳しくは下記のリンクをご覧ください。
 
つつが虫病以外にも、ダニによる感染症には、日本紅斑熱、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)、ライム病などがあります。
つつが虫病の場合と同じように予防対策を行ってください。
詳しくは下記のリンクをご覧ください。
 ●ダニによる感染症とその予防について(PDF形式  76 キロバイト)
◆感染性胃腸炎に注意しましょう。
 感染性胃腸炎の定点当たりの報告数が全県で7.65、南魚沼地域では0.50となりました。
 社会福祉施設等において集団発生が報告されている地域もあるので注意しましょう。

予防のために、以下の点に注意しましょう。

 ①排便後やおむつ交換後、調理・食事の前は、石けんと流水で手洗いを励行しましょう。
 ②便や戸物を処理するときは、使い捨て手袋、マスク、エプロンを着用し、処理後は石けんを用いた流水で十分に手を洗いましょう。
 ③カキなどの二枚貝を調理するときは、中心部まで十分加熱しましょう。
  (中心温度が85~90℃で90秒以上の加熱が必要です。)

詳しくは下記のリンクをご覧ください。
 ●感染性胃腸炎について(PDF形式  101 キロバイト)

手洗いの仕方

てあらい

注意報または警報基準を超えた疾病(南魚沼地域)

なし

全数報告の感染症(南魚沼地域)

なし
※「新潟県感染症情報(週報速報版)」の公表ルールに則し、後天性免疫不全症候群の届出は当ホームページでは公表しません。

社会福祉施設等における感染症集団発生情報

南魚沼地域の社会福祉施設等における感染症集団発生情報
報告年月日 施設の種別 感染症の種別 主な症状
平成30月6月11日 認定こども園 風邪症状 発熱37~38℃台

新潟県内の感染症情報

ピックアップ
梅毒についてのお知らせ(H30.6.20)( 147 キロバイト)
ヘルパンギーナについてのお知らせ(30.6.20)( 124 キロバイト)
流行性角結膜炎についてのお知らせ(H30.6.20)( 120 キロバイト)
百日咳についてのお知らせ(H30.6.13)( 73 キロバイト)
リンク

国内・海外の感染症情報