このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の【南魚沼】感染症発生情報(令和元年第31週速報版)※
本文はここから

【南魚沼】感染症発生情報(令和元年第31週速報版)※

2019年08月08日
 南魚沼地域における令和元年第31週(7月29日~8月4日)の感染症発生状況をお知らせします。

※速報版とは、公表日時点での情報です。今後、データが修正されることがあります。

◆定点当たり報告数とは
対象となる感染症について、
1週間に一つの定点からどのくらいの報告があったかを
表す数値で、すべての定点医療機関からの報告数を定点数
で割った値(1医療機関あたりの平均報告数)のことです。    

●5類感染症定点把握対象疾患(週報届出分)南魚沼保健所管内報告数(PDF形式  79 キロバイト)

感染症トピックス(南魚沼地域)

手足口病に注意しましょう

手足口病が流行していますので、こまめな手洗いで予防に努めてください。

【手足口病とは】
口の粘膜や手のひら、足などに水疱性の発疹ができる感染症で、乳幼児を中心に主に夏季に流行します。発熱は全体の約3分の1に認められますが、高熱が続くことはあまりなく、数日間のうちに治癒する疾患です。多くは軽症で済みますが、髄膜炎、小脳失調症、脳炎、心筋炎などの合併症などを併発することもあるため、頭痛や高熱の発症など症状が悪化する場合は医療機関を受診しましょう。

【感染経路】
患者の口粘膜から出たウイルスを含む唾液による飛沫感染、便中のウイルスによる経口感染、水疱内容物からの接触感染といった経路で感染します。

【予防方法】
(1)食事の前、遊んだ後、トイレの後、帰宅後など、普段から石けんと流水による手洗いを行いましょう。
(2)オムツ等の処理の際は、排泄物が周囲につかないように注意し、処理後はしっかりと手を洗いましょう。
(3)感染者とのタオルの共用は避けましょう。
●手足口病についてはこちら(PDF形式  126 キロバイト)
てあらい

注意報または警報基準を超えた疾病(南魚沼地域)

手足口病

全数報告の感染症(南魚沼地域)

なし
※「新潟県感染症情報(週報速報版)」の公表ルールに則し、後天性免疫不全症候群の届出は当ホームページでは公表しません。

社会福祉施設等における感染症集団発生情報(南魚沼地域)

報告年月日 施設の種類 感染症の種類 症状
令和元年7月30日 保育園 発熱症状 発熱(37.6~40℃) 発疹
令和元年7月31日 保育園 手足口病 発熱(38~40℃) 発疹
令和元年7月31日 保育園 手足口病 発熱(38.0~40℃) 発疹
令和元年8月1日 保育園 発熱症状 発熱(37.9~39℃) 発疹
令和元年8月2日 保育園 手足口病 発熱(38~39℃) 発疹

新潟県内の感染症情報

●腸管出血性大腸菌感染症の届出がありました(PDF形式  83 キロバイト)
●百日咳の届出がありました(PDF形式  78 キロバイト)
リンク

国内・海外の感染症情報