このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の【南魚沼】熱中症にご注意ください!
本文はここから

【南魚沼】熱中症にご注意ください!

2018年04月27日

 例年、気温が高い日に、熱中症による救急搬送が多くなっています。
 早い年は、5月から熱中症で救急搬送される方がみられ、なかでも高齢者の搬送が多い状況にあります。
 熱中症は適切な予防をすれば防ぐことができます。一人ひとりが熱中症に気をつけて暑い季節を乗り切りましょう。

熱中症とは?

 気温の高い日が続いたり、前日に比べて気温が急に高くなった日は
  ○体内の水分と塩分のバランスが崩れる
  ○体温調節機能がうまく働かなくなる ・・・などにより、
体内の熱が発散されずこもる事で引き起こされるさまざまな身体の不調のことを『熱中症』といいます。
 
 体内の「熱」によって起こる症状なので、屋外だけでなく、室内でも起こります。
 たとえば、
  ○暑い日の、閉め切った体育館や部屋の中
  ○暑い日の、エンジンを止めた車内(たとえ数分でも大変危険です)・・・このような状況も要注意です。

どんな症状がでるの?

次のような症状があったら、熱中症を疑ってください。
 ○応急処置が必要な症状
  めまい、立ちくらみ、筋肉痛、汗が止まらない
 ○病院への搬送が必要な症状
  頭痛、吐き気、体がだるい、虚脱感がある
 ○入院が必要な症状
  意識が無い、体温が高い、けいれんを起こしている、まっすぐ歩けない、呼びかけても返事がおかしい

熱中症かな?と思ったら(応急処置)

○風通しのよい日陰や冷房の効いた室内に移動する。
○水分、塩分を補給する。
○水や氷で身体(首筋、わきの下、足の付け根など)を冷やす。
○自分で水分、塩分が取れなければ、すぐに病院に行く。
○意識状態が悪いときは、すぐに救急車などを呼び病院へ!

どうすれば予防できるの?

○屋外では帽子をかぶる
  日差しを遮るために帽子や日傘を使いましょう。
  また、通気性の良い服を着たり、保冷剤や冷たいタオルで首を冷やすと気持ちよく過ごせます。
○こまめに水分補給をする
  のどが渇いていなくても、こまめに水分を取りましょう。
  ただし、緑茶やコーヒー、アルコールには利尿作用があり、体の水分が出て行ってしまうので注意が必要です。  
○日陰を利用する
  涼しい場所でこまめに休むようにしましょう。
○暑さを避ける
  節電も大事ですが、無理はいけません。
  遮光カーテンやすだれを使う、こまめに換気をするなど室温が上がりにくい環境を作る事も効果的です。
○体調管理を万全に
  普段からバランスの良い食事をとる、十分な睡眠をとるなど体調を整えることも大切です。

こちらもご覧ください