このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の自然・環境の中の全長1.1kmの共同電気柵
本文はここから

全長1.1kmの共同電気柵

2013年10月26日

  平成24年度、南魚沼市は、緩衝帯を整備した畑を全長1.1kmの共同電気柵で囲いました。電気柵は、高さ約1.5m、7段張りで、近くの住宅から電源を取っており、山側の電気柵は倒伏式、道路側の電気柵は回収式になっています。
  船ヶ沢新田は積雪が2~3mもあるので、電気柵は11月に撤収して、翌年6月に設置します。設置、撤収は、地元住民などが共同で行いますが、毎年のことなので、簡単な作業で済むよう工夫されています。
  また、電気柵の周辺を除草する労力を軽減するため、通電性を確保した防草シートの試作品も設置されています。

向かって左が倒伏式電気柵、向かって右が回収式の電気柵、左下の黒い部分は通電性を確保した防草シートの試作品

向かって左が倒伏式電気柵、右が回収式の電気柵、左下の黒い部分は通電性を確保した防草シートの試作品

船ヶ沢新田に設置された電気柵