このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の【南魚沼】減塩ルネサンス運動を推進しています。
本文はここから

【南魚沼】減塩ルネサンス運動を推進しています。

2015年07月16日

「にいがた減塩ルネサンス運動」とは

 新潟県では脳卒中、胃がんの死亡率が高く、これらに対する減塩対策として、企業を始めとした多様な担い手による「にいがた減塩ルネサンス」を平成21年度から推進しています。
 「にいがた減塩ルネサンス」では、食塩を減らすだけでなく、野菜や果物からカリウムの摂取量を増やすことも目指しています。
 野菜や果物に含まれるカリウムは、体内の余分な食塩(ナトリウム)の排泄を促し、減塩効果を高めてくれます。

 【にいがた減塩ルネサンスの目標】
 ① 食塩摂取量1gの減少
 ② 野菜摂取量1皿の増加
 ③ 果物1日1個程度の摂取

無理なくできる減塩・野菜摂取のポイント

【無理なくできる減塩のポイント】
①具だくさん味噌汁にしましょう。
②しょうゆやソースなどはかけるのではなく、つけて食べましょう。
③レモン、酢や香辛料を上手に利用しましょう。

【無理なく野菜をとるためのポイント】
①加熱して沢山食べる工夫をしましょう。
②つけ合わせの野菜を残さず食べましょう。
③外食は1品ものより定食を選びましょう。

具だくさん味噌汁で減塩

関連リンク

問い合わせ先:南魚沼地域振興局健康福祉環境部 地域保健課
     電 話:025-772-8137