このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の教育・学習の中の平成30年度教科指導ステップアップ研修会(2回目)を開催しました。
本文はここから

平成30年度教科指導ステップアップ研修会(2回目)を開催しました。

2018年12月12日

教科指導ステップアップ研修会(2回目)開催

 教職3年経験教諭21人(小学校11人、中学校10人)を対象に、授業(教科指導)力向上をねらいとした教科指導ステップアップ研修会を、12月7日(金)に開催しました。
 受講者はこれまでに、初任者研修以降の実践を踏まえて各自が研修テーマを設定し、それに基づいて1年間実践に取り組んできました。今回は、各自がまとめた「実践レポート『研究授業の成果と課題』」を基に、プレゼンテーションや授業映像、授業で使用したワークシートや教具等視覚的資料を用いながら、研究授業の実際や成果と課題を発表しました。実践を発表し合い、協議することにより、2年後の5年経験者研修に向けての自己の課題を明確にし、実践への意欲を高めることができました。

 受講者の感想を紹介します。
○6月から半年で、どのようなことをされたかグループでじっくり聞くことができ良い機会でした。
○校種・学年が異なるからこそ協議が盛り上がれたと思います。
○テーマに合わせたアドバイスをいただき大変ありがたかったです。
○他の教科についての見方、考え方の話も聞くことができとても参考になりました。
○小学校、中学校の指導の実際を聞き、どんな力をつけるべきか考えることができた。
○新たな取り組みに挑戦するためのいろいろな情報を得ることができた。
○5年研に向けて自分がどうなっていくべきか考える良い機会となりました。

外部指導者からの感想を紹介します。
○大変まじめで前向きな研修態度で感心した。
○2回しかないが、1年を通じた研修であることを意識して取り組んでくれていたことがうれしかった。
○校種、教科を超えて、互いに活発に質疑、意見交換していて、指導者として大変やりがいがあった。
○このような同じ教科同士や校種が違う先生同士が切磋琢磨して学び合う機会は大変重要であると感じた。

実践をプレゼンテーションにまとめて説明

 

レポートを基に授業の様子を説明