このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の教育・学習の中の養護教諭サポートシステム事業の紹介
本文はここから

養護教諭サポートシステム事業の紹介

2015年09月30日

養護教諭サポートシステム事業

養護教諭サポートシステム事業は、養護教諭が保健教育や保健管理を効果的・効率的に行い、学校保健を一層充実させるため、中学校区を一つのグループとして、互いにサポートするシステムです。

本事業の全体像

【取組内容】
〇保健教育に関すること
・発達段階に応じた効果的な保健教育の実施
〇保健業務の管理に関すること
・適正かつ効率的な保健事務の遂行
・業務の標準化
〇体制づくり
・校内連携協力体制および養護教諭の学校運営への参画
・校外連携体制
〇養護教諭の専門性の向上に関すること
・養護教諭相互啓発の推進
・新採用養護教諭など、経験の浅い養護教諭や臨時的任用職員への指導・助言

本事業の成果

この事業の成果として、以下のことが挙げられます。
〇経験の浅い養護教諭の日常の疑問や不安が減り、自信をもって業務を行うことができようになる。
〇他校の取組を参考にし、自校に生かしている。
〇中学校区の連携が密になり、日常的な情報交換がスムーズに行われるようになってきている。