このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中のUターン・Iターンの中のU・Iターン者インタビュー 「ニイガタビト」 新潟で夢にチャレンジ第120回を掲載しました 「選手としても一人の人間としても、新潟の温かさに助けられた~若手選手の育成に尽力することが恩返し~」
本文はここから

U・Iターン者インタビュー 「ニイガタビト」 新潟で夢にチャレンジ第120回を掲載しました 「選手としても一人の人間としても、新潟の温かさに助けられた~若手選手の育成に尽力することが恩返し~」

2019年03月15日

 新潟県U・Iターン総合サイト「にいがた暮らし」では、新潟で夢に向かって頑張っている方やU・Iターンされた方のインタビューやコラムを『ニイガタビト』で紹介しています。
 
 今回のニイガタビトは、アルビレックス新潟U-15監督として中学生年代の選手育成に力を注ぐ、内田潤さんを紹介します。

新潟で夢にチャレンジ第120回 選手としても一人の人間としても、新潟の温かさに助けられた~若手選手の育成に尽力することが恩返し~

内田潤さん
アルビレックス新潟U-15監督 / 新潟市

 1977年生まれ。兵庫県尼崎市出身。桐蔭学園高校、駒澤大学を卒業後、Jリーグの名門「鹿島アントラーズ」に選手として加入。6年半を過ごし、2006年6月に事実上の戦力外通告を受けた内田さん。どんな生活を送ることになるのか不安な日々を過ごす中、アルビレックス新潟からのオファーを受け、即、新潟行きを決断。

 内田さんの新潟での人気は高く、試合ではゲームキャプテンを務め、2013年から2014年にかけて行われた新潟J1昇格10周年記念のサポーター投票では「夢のイレブン」にも選出されています。
 
 2013年シーズン終了後に現役を引退し、同時にアカデミー世代のコーチに就任。現在はアルビレックス新潟U-15の監督として、中学生年代の選手の育成に力を注いでいる内田さんのこれまでの歩みと、これからの目標をお伺いしました。 

新潟で夢にチャレンジ第120回 イメージ画像

インタビュー記事は下記リンク先よりご覧ください↓↓↓

U・Iターン者インタビュー「ニイガタビト」トップページ

300件以上のインタビュー記事を掲載。仕事や暮らし、地域などのキーワードで記事を検索することもできます。
「ニイガタビト」トップページ

(参考)新潟県U・Iターン総合サイト「にいがた暮らし」

にいがた暮らし

(参考)新潟県へのu・iターンや移住を応援「にいがた暮らし」フェイスブック

にいがた暮らしフェイスブック