このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中のUターン・Iターンの中の「ニイガタビト」新しい働き方第132回 オーサム・ビーチ・アーキテクトの杤堀耕一さんのコラムを掲載しました。
本文はここから

「ニイガタビト」新しい働き方第132回 オーサム・ビーチ・アーキテクトの杤堀耕一さんのコラムを掲載しました。

2018年10月31日

 新潟県U・Iターン総合サイト「にいがた暮らし」では、新潟で夢に向かって頑張っている方やU・Iターンされた「ニイガタビト」のインタビューやコラムを紹介しています。

 今回のニイガタビトは、柏崎市出身で、一度は県外に出るものの、2009年にUターンして、家業「小竹屋旅館」での新規事業や柏崎の観光振興にも取り組む杤堀耕一さんのコラムの第3回目(最終回)です。

新しい働き方第132回 杤堀耕一さんのコラム 「家族に乾杯」

杤堀 耕一(とちぼりこういち)さん
オーサム・ビーチ・アーキテクト、小竹屋旅館 / 柏崎市

柏崎市出身。地元でハンドボールに熱中する学生生活を送り、大阪芸術大学へ進学。卒業後は東京のマーケティング会社に就職。領域は様々ながら、一貫して企画やマーケティング、事業開発等に携わる。
2009年柏崎市にUターン。現在は地元の観光等に関わりながら、シーカヤックのレンタル事業や旅館の敷地を使った新たなサービス事業に取り組まれています。

第1回目は、杤堀さんの現在の仕事についてお伝えしました。
第2回目は、杤堀さんのサラリーマン時代のお話と、Uターンしてサイダーを作り始めた頃の話、柏崎や新潟県の観光について思っていることをお伝えしました。

最終回の今回は、杤堀さんのプライベートな部分、家族のことや地元の魅力、そして今後の夢です。
ぜひご覧ください。

新しい働き方第132回イメージ画像1

▼ 杤堀耕一さんのコラムは下記リンク先よりご覧ください。

(参考)新潟県U・Iターン総合サイト「にいがた暮らし」

にいがた暮らし

(参考)新潟県へのu・iターンや移住を応援「にいがた暮らし」フェイスブック

にいがた暮らしフェイスブック