このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中のUターン・Iターンの中のU・Iターン者インタビュー 「ニイガタビト」 教えて先輩!第128回を掲載しました 『地元でもスキルを活かした仕事に挑戦できる』
本文はここから

U・Iターン者インタビュー 「ニイガタビト」 教えて先輩!第128回を掲載しました 『地元でもスキルを活かした仕事に挑戦できる』

2018年02月02日

 新潟県U・Iターン総合サイト「にいがた暮らし」では、新潟で夢に向かって頑張っている方やU・Iターンされた方のインタビューやコラムを『ニイガタビト』で紹介しています。

 今回は、十日町市の国際交流推進員として、姉妹都市交流の調整などを行っている水落由紀さんのUターンストーリーです。

教えて先輩!第128回 地元でもスキルを活かした仕事に挑戦できる

水落由紀さん
十日町市 国際交流推進員 / 十日町市在住


1980年、十日町市生まれ。高校まで十日町市で過ごし、東京の短期大学・英文学科へ進学。卒業後は英語をより学ぶため留学を目指し、資金を貯めるため十日町市の建設会社にて勤務。2005年に念願だったイギリス留学に旅立つ。

帰国後は、東京のウェブ制作会社へ入社するが、家庭の事情で再度十日町市へ。以前からボランティアとして参加していた大地の芸術祭のつながりでアートディレクション会社に勤務。現在は、十日町市の国際交流推進員として、姉妹都市交流の調整などを行っている。

十日町市に戻って、想像以上に「やりたい仕事」に関わることができているという水落さんのUターンストーリーをご紹介します。

教えて先輩第128回イメージ画像

インタビュー記事は下記リンク先よりご覧ください↓↓↓

U・Iターン者インタビュー「ニイガタビト」トップページ

300件以上のインタビュー記事を掲載。仕事や暮らし、地域などのキーワードで記事を検索することもできます。
ニイガタビト トップページ

(参考)新潟県U・Iターン総合サイト「にいがた暮らし」

にいがた暮らし

(参考)新潟県へのu・iターンや移住を応援「にいがた暮らし」フェイスブック

にいがた暮らしフェイスブック