このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中のUターン・Iターンの中のU・Iターン者インタビュー 「ニイガタビト」 新潟で夢にチャレンジ第106回を掲載しました 『移住10年。地域の人になる。【前編】』
本文はここから

U・Iターン者インタビュー 「ニイガタビト」 新潟で夢にチャレンジ第106回を掲載しました 『移住10年。地域の人になる。【前編】』

2017年11月20日

 新潟県U・Iターン総合サイト「にいがた暮らし」では、新潟で夢に向かって頑張っている方やU・Iターンされた方のインタビューやコラムを『ニイガタビト』で紹介しています。

 今回は、阿賀野市で阿賀野オリジナルの商品を開発・販売する「阿賀野屋」を手がける土井一心太さんのIターンストーリー【前編】です。

新潟で夢にチャレンジ第106回 『移住10年。地域の人になる。【前編】』

- 就職、起業、そして地域の未来を担っていく存在へ -

土井一心太さん
アイディープラン/阿賀野屋 代表 
阿賀野市在住

2017年8月に阿賀野市寺社に鮮やかなブルーが印象的なコンテナのお店がオープンしました。仕掛人は、広告企画業を営む土井一心太さん。
地域の食材や、産業品、観光資源など地元の「素材」を活用して阿賀野オリジナルの商品を開発・販売する「阿賀野屋」を手がけています。

そんな土井さんは、25歳の時に神奈川県から同市へ移住してきたIターン経験者。地域活性化には、「よそ者、若者、ばか者」が不可欠だと言われていますが、典型的な「よそ者」「若者」です。

土井さんは、どんな道のりを歩んできたのでしょうか?

新潟で夢にチャレンジ第106回 イメージ画像

インタビュー記事は下記リンク先よりご覧ください↓↓↓

(参考)新潟県U・Iターン総合サイト「にいがた暮らし」

にいがた暮らし

(参考)新潟県へのu・iターンや移住を応援「にいがた暮らし」フェイスブック

にいがた暮らしフェイスブック