このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中のUターン・Iターンの中のU・Iターン者インタビュー 「ニイガタビト」 教えて先輩!第124回を掲載しました 『継いでわかった、農業の奥深さ』
本文はここから

U・Iターン者インタビュー 「ニイガタビト」 教えて先輩!第124回を掲載しました 『継いでわかった、農業の奥深さ』

2017年10月13日

 新潟県U・Iターン総合サイト「にいがた暮らし」では、新潟で夢に向かって頑張っている方やU・Iターンされた方のインタビューやコラムを『ニイガタビト』で紹介しています。

 今回は、東京での会社員生活を経て、実家の農家を継いだ新発田市の齊藤康成さんのお話です。

教えて先輩!第124回 継いでわかった、農業の奥深さ

齊藤康成さん
米農家/新発田市在住

 
1985年旧紫雲寺町(新発田市)生まれ。代々続く米農家の3人兄弟の末っ子次男。

新潟大学人文学部卒業後、東京の不動産会社へ就職。
東京で4年半生活するも、父親の「後継ぎがいなければ規模を縮小しようと思う」という言葉がきっかけで2013年に家業を継ぐためにUターン。
父親の元で学びながら27歳から農業の仕事をスタートした。

Uターンは結婚のタイミングでもあり、2015年には長男が誕生。公私ともに充実した生活を送る。



教えて先輩第124回イメージ画像

インタビュー記事は下記リンク先よりご覧ください↓↓↓

(参考)にいがたU・Iターンフェア2017 (東京・有楽町)

にいがたUIターンフェア2017

(参考)新潟県U・Iターン総合サイト「にいがた暮らし」

にいがた暮らし

(参考)新潟県へのu・iターンや移住を応援「にいがた暮らし」フェイスブック

にいがた暮らしフェイスブック