このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中のUターン・Iターンの中の「にいがたライフスタイルカフェ2016 VOL.6-新しい働き方-」を開催します(3月8日(水) 東京・有楽町)
本文はここから

「にいがたライフスタイルカフェ2016 VOL.6-新しい働き方-」を開催します(3月8日(水) 東京・有楽町)

2017年03月07日

にいがたライフスタイルカフェ2016 -VOL.6 新しい働き方- 

「にいがたライフスタイルカフェ」は、地方で自分らしいライフスタイルを実現している先輩を招いてトークセッションとワークショップを行い、これからの暮らし方について考える会です。
「やりたいこと実現する方法」「なぜ、その生き方を選んだのか」「何を想い、働いているのか」を一方向のセミナーではなくゲスト、スタッフ、そして同じ考えをもっている皆さんと一緒に考えていきます。
第6回目のテーマは“新しい働き方”
仕事と遊び、暮らしの垣根をつくらない暮らし。
地方移住や田舎暮らしに関心が高まる中、今一歩踏み出せない理由の一つに仕事があります。
起業して田舎で仕事をつくるのは、いきなりは難しいし、現在の東京の仕事も離れられない。そんな悩みがあるのではないでしょうか?
その中で地方と東京を行き来する多拠点ワークや新しい働き方の可能性を模索し、仕事や働き方の選択肢の幅を広げ、ゲストと参加者と共に考えていきます。
”地方”というキーワードが気になる方、"地方"での仕事や暮らしに関心がある方、お気軽にご参加ください。
日時  平成29年3月8日(水)19:00〜20:45
場所  NPO法人ふるさと回帰支援センター
 (〒100-0006 東京都千代田区有楽町2丁目10-1 東京交通会館8F)
参加費  無料 
定員  40名
プログラム  19:00 トーク「新しい働き方」
 19:50 ワークショップ「自分らしい働き方を考える」
 20:45 終了
ゲスト  西村 治久 さん (ギルドハウス十日町)
 マツモト メグミ さん (Legolis design and planning)
 矢部 佳宏 さん (西会津国際芸術村)
モデレーター  日野 正基 さん (にいがたイナカレッジ)
お問合せ先   にいがたイナカレッジ
 (事務局:(公社)中越防災安全推進機構ムラビト・デザインセンター内)
 TEL 0258-39-5525
主催  新潟県
ゲスト画像

西村治久さん/ギルドハウス十日町
1971年生まれ。埼玉県出身。iPadひとつで全国を旅するノマドワーカー型Webプランナー。
また、コワーキングスペース、新潟県コミュニティ・フォーラム、シェアハウス、ゲストハウス等のプロデューサーとしても活動中。
ほかに、シェアハウス「ギークハウス新潟」設立参加。住み開きのシェア古民家「まったり庵」庵主

ゲスト画像

マツモトメグミさん/Legolis design and planning
生きる、働くをもっと楽しくする求人web・マガジン「パラフト」を運営するほか個人としてweb制作やプロデュースを行っている。

ゲスト画像

矢部佳宏さん/西会津国際芸術村
1978年西会津町生まれ。西会津国際芸術村コーディネーター(株式会社西会津町振興公社所属)。
長岡造形大学で持続可能な集落風景デザインについて研究した後、上山良子ランドケープデザイン研究所で公園や緑地の設計などに携わる。
その後、カナダ・上海などで庭のデザインや都市計画に携わっていたが、震災を機に生涯の研究テーマであった西会津の先祖伝来の地に移住を決意。

モデレーター画像

日野 正基 (ひの まさき)さん / にいがたイナカレッジ
1987年新潟県新潟市生まれ。2011年に中山間地の担い手育成のためのインターンシップ事業「にいがたイナカレッジ」を立ち上げる。2013年から「移住女子の挑戦!次世代につなげたい!【ChuClu(ちゅくる)】」プロジェクトをプロデュースし、移住女子の仕事創りに取り組んでいる。.

お申し込み方法

「にいがたイナカレッジ」の問合せフォーム(下記リンク)よりお申し込みください。
なお、メッセージ欄に「3/8ライフスタイルカフェ参加申込み」とご記入ください。
※「にいがたイナカレッジ」は「にいがたライフスタイルカフェ」受託事業者である公益社団法人中越防災安全推進機構が運営するサイトです。

にいがたライフスタイルカフェVOL.6チラシイメージ
にいがたライフスタイルカフェVOL6チラシイメージ
にいがたライフスタイルカフェ2016VOL.6 PRチラシ(PDF形式  1210 キロバイト)

イベントレポートが下記リンク先でご覧いただけます


にいがたU・Iターン総合サイト「にいがた暮らし」

メルマガ・DM登録は「にいがた暮らし通信」