このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の報道発表資料の中の9月、2月は「新潟県高齢者見守り強化月間」です。高齢者を温かく見守りましょう。
本文はここから

9月、2月は「新潟県高齢者見守り強化月間」です。高齢者を温かく見守りましょう。

2018年08月10日

「新潟県高齢者見守り強化月間」

 県では、一人暮らし高齢者や認知症高齢者が増加する中、毎年9月及び2月を「新潟県高齢者見守り強化月間」と定めています。高齢者を県民総ぐるみで見守り、支え合う地域づくりに向け、民間企業との見守り体制の構築や各種広報啓発活動等を展開し、高齢者と地域に対する県民の理解と関心を深めることとしています。 
 この機会に、高齢化と地域の問題について考え、見守り・支え合い活動を始めてみませんか。

ねらい

 ・ 県民一人一人が高齢者を見守り、地域で支え合う気運の醸成
 ・ 高齢者の見守り・支え合い活動への参加の呼びかけ

主な取組(平成30年9月) ※随時更新予定

県民の皆様へ ~身近なところで、できることから協力をお願いしています。~

・ 「あいさつ」ご近所で声を掛け合いましょう。
・ 「気くばり」高齢者の方をさりげなく思いやりましょう。
・ 「助け合い」お互いさまの心で、地域で助け合いましょう。

【県内の見守り活動の実例】
 県では、NPO・企業・自治会等、様々な団体の高齢者見守り活動について、「見守り・支え合い事例集」として冊子にまとめています。

平成30年度新潟県高齢者見守り強化月間リーフレット

高齢者等を地域全体で支える取組を推進するため、見守り活動に協力いただける企業・団体を募集します

 県では、県内の各地域で一人暮らしや認知症の高齢者等が増加する中、地域、企業、行政が協力し合いながら高齢者等を見守り、支え合う地域づくりを推進することを目的として、見守り協定の趣旨に賛同し協力いただける企業・団体を募集しています。

○企業・団体との見守り協定について
 県では、企業・団体が日常業務の範囲において、一人暮らしの高齢者等の異変を察知した場合(新聞や宅配便の不在伝票等の滞留、洗濯物の放置など)、行政窓口へ連絡するなどの協力体制を構築するため、企業・団体と見守り協定を締結しています。

(これまでの実績:15団体)