このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の観光・イベントの中の錦鯉検討委員会による検討結果報告(平成29年3月17日)
本文はここから

錦鯉検討委員会による検討結果報告(平成29年3月17日)

2017年03月29日
錦鯉を県の鑑賞魚に指定することについて、検討委員会による検討結果がまとまり、知事に報告書が提出されました。

開催概要

1 日時
  平成29年3月17日(金)午後4時30分から

2 会場
  県庁行政庁舎東回廊3階 知事室

3 提出者
  錦鯉検討委員会座長 菅 豊 氏(東京大学東洋文化研究所教授)

検討委員会委員

                                                      (五十音順、敬称略) 
分野 氏名 役職
 情報発信  小黒 一三  株式会社 木楽舎 統括編集長
 産業(輸出)   小野澤 麻衣  日本貿易振興機構新潟貿易情報センター 所長
 内水面漁業  片岡 哲夫  新潟県内水面漁業協同組合連合会 専務理事
 錦鯉文化  菅 豊  東京大学東洋文化研究所 教授
 文化  鶴巻 直史  新潟日報社 論説編集委員
 専門誌  馬場 俊三  株式会社 錦彩出版 代表取締役
 震災復興  山口 壽道  公益財団法人 山の暮らし再生機構 理事長

報告書

錦鯉検討委員会報告書(PDF形式  3996 キロバイト)

報道発表資料

錦鯉の県のシンボルへの指定について(PDF形式  62 キロバイト)

今後の予定

 〇 検討委員会からの提言を受け、平成29年5月5日付けで、錦鯉を「県の鑑賞魚」に指定します。