このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の新潟県の紹介
本文はここから

新潟県の紹介



豊かな自然のハーモニー 美しき新潟県の四季



雪国に春を招く豪快な祭りが南魚沼市浦佐毘沙門堂の裸押合大祭。「サンヨ、サンヨ」の掛け声とともに若衆たちが押し寄せ、見物客から歓声があがります。


4月上旬から中旬にかけては、桜前線が県内を縦断。佐渡では満開の桜とともに、冠雪した金北山の美しい風景を眺めることができます。




森や高原を深い緑でおおう夏。里では季節の花が咲き揃い、津南町沖の原ではヒマワリの花が大地を埋め尽くします。


そして、太陽が日本海に沈む頃、佐渡市竹田の大膳神社では荘厳な雰囲気の中で薪能(たきぎのう)が催され、ゆらゆらと揺れる炎のもと、幽玄の世界が観衆を魅了します。




秋は紅葉の季節。錦に織られた山々に見守られ、五泉市蛭野(ひるの)の黄金の里では100本以上のイチョウが立ち並び、訪れる人々を文字通り黄金一色で迎えます。


また、豊穣を祝う収穫祭が各地で催され、その中のひとつ、柏崎市黒姫神社礼祭では、無形文化財の綾子舞の優雅な舞姿が披露されます。




雪の訪れとともに やってくる新潟の冬。山や里は白一色におおわれ、静寂の季節を迎えます。とりわけ、魚野川と八海山は一幅の水墨画のように、ひときわ美しい景観を見せてくれます。


一方、糸魚川市では伝統行事の竹のからかいが街に繰り出し、新しい年の豊年豊漁を占います。