このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の国際の中の2.申請についてのご注意
本文はここから

2.申請についてのご注意

2019年08月01日

(1)代理の方による申請

○申請の手続きは、代理の方でもできますが、次の方は代理での申請はできません。
  1.パスポートを紛失、焼失、損傷した方  
  2.居所申請(一時帰国を含む。)をする方
  3.刑罰関係等に該当する方
  4.今までにパスポートの申請を行い受領しなかった方(過去1年以内)
 ・申請に必要な書類(「パスポートの新規申請」の必要書類1から6まで)を代理の方に預けてください。
○申請書の以下の欄は必ず申請者本人が記入してください。
  ア.申請書表面:「所持人自署」及び「刑罰等関係」
  イ.申請書裏面:「申請者署名」及び「申請書類等提出委任申出書」の点線より上の「申請者署名」「引受人氏名」「引受人住所」「申請者との関係」
○申請者本人の本人確認書類のほか、代理人についても運転免許証等の本人確認書類1点が必要です。

(2)居所申請

 パスポート申請は住所地での申請が原則となっていますが、新潟県に居所(住民登録地以外)がある方について、申請できる場合があります。

●申請窓口は居所のある市町村のパスポート窓口となります。

●申請に必要な書類のほかに、必要なものとして居所を証明できる書類が必要です。
 1.一時的に県内に住んでいる学生及び生徒の場合
   【確認書類】学校の所在地の記載のある学生証又は居所の賃貸借契約書等
 2.長期出張者及び単身赴任者の場合
   【確認書類】会社の発行する在籍証明書、居所の賃貸借契約書等
 3.一時帰国者、船員の場合
   【確認書類】査証のある旅券、永住証明書、外国人登録証、船員手帳等
 代理申請はできません。必ず本人が申請窓口にお越しください。
 居所申請の詳細については、県パスポートセンターまたは市町村旅券窓口にお問い合わせください。

(3)未成年者の申請

 未成年者(申請日に20歳未満の方)が申請する場合
 ・5年用パスポートの申請のみとなります。
 ・申請書裏面の「法定代理人署名」欄に親権者である父又は母、もしくは後見人の自署が必要です。
 ・親権者が遠隔地に在住等の場合は、上記親権者の自署に代えて親権者が記載した「同意書」(指定様式)を提出してくださ
  い。
※旅券申請同意書(PDF形式  46 キロバイト)

(4)旅券未受領者の申請

 過去にパスポートを申請して受領しなかった場合
 ・今までにパスポートを申請して受領しなかったことのある方は、申請時に必ず窓口で申し出てください。
 ・申し出がない場合は、再度お越しいただくことになります。
 ・今回の申請には、誓約書等を提出していただきます。

(5)その他

○「刑罰等関係欄」に該当する方は、必ず事前にご相談ください。
   該当する方の申請は、市町村パスポート窓口でできません。
   県パスポートセンターか、県民サービスセンターでの申請となります。
○ヘボン式ローマ字以外の表記を希望される方は、疎明資料が必要になる場合がありますので、事前に旅券窓口にお問い合わせください。
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする