このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の商工業・産業立地の中の平成29年度「工技総研」共同研究事業がスタートしました
本文はここから

平成29年度「工技総研」共同研究事業がスタートしました

2017年06月19日
工業技術総合研究所(所長:坂井朋之)では、企業が抱える技術開発テーマについて、企業の開発担当者と研究所の研究員が共同で研究開発を行う共同研究事業を実施しています。平成29年度は、以下の5テーマの共同研究がスタートしました。
報道資料(PDF形式  246 キロバイト)
研究概要(一覧)(PDF形式  995 キロバイト)

SUH660の形質制御熱間鍛造技術の開発

タンレイ工業株式会社(新発田市)

リングローリング圧延における高精度化を目的に、圧延から固溶化の連続処理により固溶化熱処理工程を省き、形状のゆがみ抑制と高強度化を実現するための形質制御技術を開発する。
研究概要(PDF形式  784 キロバイト)

廃棄物選別ロボットの開発

ウエノテックス株式会社(上越市)

多種製品選別作業を省人化・省力化するロボットのための、分離装置と判別装置を開発する。
研究概要( 75 キロバイト)

半導体パッケージ基板配線狭ピッチ化等の研究開発

コネクテックジャパン株式会社(妙高市)

半導体加工技術の微細化に対応し、チップ実装面積の縮小を可能とする半導体パッケージ基板配線狭ピッチ化等の技術を開発する。
研究概要( 199 キロバイト)

CAE技術を用いた高性能テニスラケットの開発

ヨネックス株式会社新潟生産本部(長岡市)

CAE技術(シミュレーション技術)を用いた複合材料の設計技術を構築し、性能に優れたテニスラケットを開発する。
研究概要( 139 キロバイト)

超精密微細加工技術の開発

株式会社アドテックエンジニアリング長岡事業所(長岡市)

超精密機械加工技術とMEMS加工技術を組み合わせて精密金型を作製する。
研究概要( 43 キロバイト)

工業技術総合研究所ホームページ