このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の防災の中の防災・減災対策の新たなステージに向けた検討会議(ソフト対策分野)
本文はここから

防災・減災対策の新たなステージに向けた検討会議(ソフト対策分野)

2019年05月24日
 第3回検討会議 配布資料を掲載しました。

第1回 検討会議

〇開催日時 平成30年12月2日(日)10:00~12:10
〇開催場所 新潟県庁災害対策本部会議室
〇議題
 (1)検討会議について
 (2)課題と論点について
  ①住民に対し避難情報等を確実に伝達するための方策
  ②市町村が避難情報をより適切に発令するための方策
  ③住民の確実な避難行動に繋げるための方策
◇第1回次第(PDF形式  44 キロバイト)
◇座席表(PDF形式  126 キロバイト)
◇出席者名簿(PDF形式  62 キロバイト)
◇委員名簿(PDF形式  61 キロバイト)
◇開催趣旨(PDF形式  61 キロバイト)
◇資料1「検討会議について 」(PDF形式  802 キロバイト)
◇資料2「課題と論点について」(PDF形式  3001 キロバイト)
◇資料3「碓井委員からいただいた御意見」(PDF形式  121 キロバイト)
◇議事概要(PDF形式  76 キロバイト)

第2回 検討会議

〇開催日時 平成31年2月4日(月)9:00~12:00
〇開催場所 新潟県庁災害対策本部会議室
〇議題
 (1)第1回検討会議の主な御意見のまとめ
 (2)提言骨子(案)について
 (3)事例紹介(見附市)
◇第2回次第(PDF形式  56 キロバイト)
◇座席表(PDF形式  110 キロバイト)
◇出席者名簿(PDF形式  64 キロバイト)
◇委員名簿(PDF形式  61 キロバイト)
◇開催趣旨(PDF形式  61 キロバイト)
◇資料1「検討テーマの概念図(第1回会議)」(PDF形式  87 キロバイト)
◇資料2-1「第1回検討会議の意見の整理について」(PDF形式  249 キロバイト)
◇資料2-2「第1回検討会議の意見の整理について【要約版】」(PDF形式  109 キロバイト)
◇資料3「検討テーマの概念図(第1回会議での意見を受け作成)」(PDF形式  79 キロバイト)
◇資料4「防災・減災対策の新たなステージに向けた検討会議(ソフト対策分野)提言骨子(案)」(PDF形式  234 キロバイト)
◇資料5「「住民自らの避難行動に結びつく」人づくり(見附市資料)」(PDF形式  363 キロバイト)
◇参考資料「各機関の主な避難対策の検討状況」(PDF形式  92 キロバイト)
◇参考資料1「中央防災会議「防災対策実行会議 平成30年7月豪雨による水害・土砂災害からの避難に関するワーキンググループ」(PDF形式  6384 キロバイト)
◇参考資料2「気象庁「防災気象情報の伝え方に関する検討会」」(PDF形式  3177 キロバイト)
◇参考資料3「国土交通省「住民自らの行動に結びつく水害・土砂災害ハザード・リスク情報共有プロジェクト」」(PDF形式  3254 キロバイト)
◇議事概要(PDF形式  92 キロバイト)

第3回 検討会議

〇開催日時 令和元年5月21日(火)15:00~17:00
〇開催場所 新潟県庁災害対策本部会議室
〇議題
 (1)ソフト対策分野の提言(案)について
 (2)ソフト対策分野とハード対策分野の整理について
 
◇第3回次第(PDF形式  53 キロバイト)
◇開催趣旨(PDF形式  48 キロバイト)
◇座席表(PDF形式  110 キロバイト)
◇委員名簿(兼出席者名簿)(PDF形式  67 キロバイト)
◇資料1「これまでの経緯」(PDF形式  113 キロバイト)
◇資料2「第2回検討会議までの意見の整理について」【詳細版】(PDF形式  244 キロバイト)
◇資料3「第2回検討会議までの意見の整理について」【要約版】(PDF形式  65 キロバイト)
◇資料4「豪雨災害時における住民目線に立った情報伝達のあり方について 提言(案)」(PDF形式  546 キロバイト)
◇資料5「提言(案)修正箇所一覧表」(PDF形式  443 キロバイト)
◇資料6「豪雨災害時における住民目線に立った情報伝達のあり方について 提言(案)一覧表」(PDF形式  231 キロバイト)
◇資料7「新たなステージに向けた防災・減災対策のあり方(概要)(案)」(PDF形式  116 キロバイト)
◇参考資料1「防災・減災対策の新たなステージに向けた検討会議(ソフト対策分野)提言骨子(案)」※第2回検討会議資料(PDF形式  236 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする